〔PHOTO〕gettyimages

習近平の演説を熟読して判明「2019年、中国経済の実像」

あの国は今、正念場を迎えている

泣きっ面に蜂

2018年の中国経済を漢字一字で表すなら、「霜」だろう。

7月に始まった米中貿易戦争は、解決の糸口が見つからないまま越年するが、明らかにアメリカ側よりも中国側の方が、ダメージが大きい。

加えて今月1日には、中国の来たる「5G時代」の牽引役を果たす華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長が、アメリカの要請によってカナダで逮捕された。「華為排除」、ひいては「中国企業排除」の動きが、アメリカ国内ばかりか、その同盟国などに広がりを見せていることで、中国経済への悪影響が増している。

先日、来日した中国の著名な経済学者と意見交換したが、私が「アメリカとの対立による中国経済の悪化をどう見ているか?」と質問すると、ため息交じりにこう答えた。

「もともと中国経済は、減速期に入っていた。そこへもって、アメリカとの対立が重なった。いわば、『雪上加霜』(雪の上に霜が加わる)の状況になってしまったのだ。このままでは、悲観的な未来しか予想できない」

日本語で言うなら、泣きっ面に蜂ということだ。まさに中国経済は、正念場を迎えているのである。

そんな中、先週、2019年の中国経済を占う上で重要な二つの動きがあった。12月18日に北京の人民大会堂で開かれた「改革開放40周年祝賀大会」と、19日から21日まで北京で開かれた「中央経済工作会議」である。

今回は、改革開放40周年祝賀大会について、詳細に見ていきたい。

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら