# 財政

新防衛大綱を見て思う…やっぱり「空母」の議論を避けるのは不自然だ

「あくまで防衛目的」とはいうけれど…

SF小説の領域に…

先週火曜日(12月18日)、安倍内閣は新たな「防衛計画の大綱」と「中期防衛力整備計画」(中期防)を閣議決定した。その特色は、短い滑走で離陸して垂直に着陸できるアメリカ製の「F35B」戦闘機の購入を前提に、護衛艦「いずも」型2隻をこれまで自衛隊が保有していなかった「空母」に改装するほか、これまで防衛の対象ではなかった宇宙や、サイバー空間、電磁波を扱う電子戦でも戦える体制の整備を打ち出したことだ。

中国や北朝鮮、ロシアがサイバー攻撃を活発化したり、人工衛星の破壊力の向上に取り組んでいることを黙認できず、タブーだった分野やSF小説の領域にも踏み込む戦略を打ち出したことは、われわれ国民にとっても大きな“事件”と言わざるを得ないのではないだろうか。

そのコストは膨大で、国家予算の初の100兆円乗せの一因ともなった。その陰に、貿易赤字減らしに固執するトランプ米大統領への配慮の影が付き纏うのも事実だ。

筆者は防衛・安全保障についてはド素人の経済ジャーナリストだが、さすがに、今回の防衛大綱と中期防には無関心でいられない。本稿で読者とこの2つの重要文書を読み込み、その意味とコストを考えてみたい。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら