大学受験の失敗を社会人になっても抱える「受験うつ」の悲劇

あなたのまわりにもいませんか?
吉田 たかよし プロフィール

県立高トップにこだわる人の悲劇

中学受験は首都圏や関西では盛んだが、それ以外の地方では関心が薄い。そもそも受けるべき私立中高一貫校が圧倒的に少ないからだ。「都会の子供は小学生のうちから猛勉強をさせられてかわいそう」と思っている人もいるかもしれない。

だが、地方なら「受験うつ」に陥りにくいと思ったら大間違いだ。地方のエリートジュニアにとって、中学受験に代わる一大勝負は高校受験となる。彼らが目指すのは県トップの公立高校への進学だ。東京育ちの人は驚くかもしれないが、地方では昔も今も、「どこの大学を出たか」よりも「どこの高校を出たか」を重視する。

県立トップ公立高校を目指す子達も、幼い時から「○○ちゃんは頭がいいね」と褒められ続けた優秀な子達だ。だが、都会の子供と違うのは、金を払えば、家庭教師や個別指導塾などかゆいところに手が届く教育サービスが受けられるという環境は整っていない。地元の塾に通い、コツコツと勉強をするしかない。そうやって一生懸命勉強をしてきても、合否が出るのが受験だ。

 

地方に暮らす優秀な子供にとって、高校受験でトップ校に合格できなかったことは、人生の挫折を指す。ひと昔前は高校浪人もいたほどだ。今は浪人するケースは減り、第二志望の私立高校へ進学する子が多い。だが、近頃は、県トップ校落ちの受け皿となる第二志望の私立高校も大学進学に力を入れており、早慶MACHIレベルの大学にガンガン進学している。決して挫折したわけではないのだ。

一方、高校受験で県トップの公立高校に合格しても、その後の成績が伸びず、中堅レベルの大学に進学する子もいる。また、私立高校と違って公立トップ高校は、自学自習や文武両道を良しとする伝統があり、必ずしも学校は面倒見がよいというわけではない。そのため、浪人率も高い。だが、彼らはその高校の卒業生であることに誇りを持つ。いつまでも、いつまでも。

それだけに、県トップ校が不合格だった場合、ショックが大きい。彼らの場合、中学受験をきっかけに患う「受験うつ」とは、また少し心の傷は違う。高校受験の場合は、本人の能力に加え、努力も必要だからだ。だが、高校受験の失敗をいつまでも引きずり、大学に進学しても、「俺は、本当はこんなところにいる人間じゃない」と思い続け、新しい環境を楽しもうという気持ちを持つことができないのは同じだ。そして、その不満を外に向ける。

受験うつから抜け出すには?

輝かしい難関中学の合格から自己愛を肥大化させ、県トップ校の不合格から虚無感を募らせる。子供にとって受験は、親が思う以上にストレスがかかる。だからこそ、「受験うつ」という病に陥ってしまうのだ。

「受験」というトラウマを持ったまま大学に進学し、社会人になった大人達は、今なおその闇の中でもがいている。社会人のうつ病は、仕事がうまくいかなかったり、会社の人間関係で悩んでいたりというケースが多いと思われがちだが、実は遠い過去の受験を引きずっていることも多い。だが、当の本人はそれに気づいていない。

私のクリニックにカウンセリングにやってくる人達もそうだ。丁寧に話を聞くうちに、心のトラウマが子供時代の受験であったことに気づく。治療は、まずこのトラウマと向き合うことから始まる。

学歴のトラウマを抱えた人には、今後、何かしら目標を持たせ、それに向けて謙虚な気持ちで努力をすることを根気強く伝えていく。学歴を変えられないのであれば、留学を勧めたり、公認会計士などの資格を取ったりすることで、人生が拓かれていくかもしれないし、これからの時代は学歴よりもアイデアが重要と起業を目指してもいいだろう。

いずれにしろ、目標に向かって一歩踏み出し、実績を積むことで克服できる。

「受験うつ」から抜け出すには、いまの生活においてチャレンジ精神を持つことだ。そんなこと簡単にできない、と思う人もいるだろう。実際、治療に時間がかかることもある。だが、自分の力で何かを成し遂げたという経験をすること以外、克服法はない。子供時代に受けた親や周りの評価を取り払い、自分の力で前へ進むことができたら、受験の苦い経験が人生の財産に変わるだろう。受験はうつを招く毒芽ではなく、人生を豊かにするものと思いたい。

(取材・文/石渡真由美)