〔photo〕iStock

年金は「夫は70歳、妻は65歳」から受給するのが一番得するワケ

年金事務所が教えない裏ワザもある
一見、便利になった制度にも、落とし穴がある。複雑になっている制度のなかには、裏ワザも潜んでいる。何をしたらいいか、何をやってはいけないか。たとえば、年金をめぐる最大のテーマ「いくらからもらうのが一番おトクなのか」――その「正解」を教えます。
 

年金は夫65歳、妻70歳からもらうのが絶対、お得

年金の受給開始年齢は多くの人を悩ませる問題の一つだ。年金の受給は通常65歳からだ。

一方、繰り上げ受給で60歳から年金をもらうとなると30%も減額され、逆に70歳まで受給を遅らせれば42%増額される。夫婦はどのように年金を受け取るのがお得なのか。

本誌は夫婦の平均寿命や、夫婦トータルでの家計管理を勘案して合理的なのは、年金の受給開始は、夫が65歳、妻が70歳と結論付けた。

東京都在住のCさんは今年、60歳を迎えた。専業主婦の妻は55歳と5つ年下。豊かな老後を過ごしたいが、持病に糖尿病を持ち、万が一のとき、愛する妻がどうなるのかということも気になっている。

年金の受給開始年齢が後退する中、まだ元気なうちは働くことも考える必要がある。

「夫は65歳まで働ける環境が整ってきた。60歳から繰り上げ受給すると3割減額されるうえ、給料をもらいすぎれば、在職老齢年金制度でさらに年金が減額されてしまう。

また、繰り上げ請求後に発生した障害については、障害年金が受給できなくなります」(社会保険労務士・大神令子氏)

もうひとつ重要な点がある。妻が年下の場合は月々3万2000円加算される「加給年金」を妻が65歳になるまでもらえるが、70歳まで繰り下げ受給するとこれがもらえない。

妻が5歳若ければ200万円の損、10歳若ければ400万円の損だ。

妻のために堅実な受給を目指すなら、夫は65歳からだ。では妻はどうか。

「妻は夫より長生きする人が多く、一人になったときに本当の試練を感じる方が多い。パートナーを失った悲しみから、急に衰え介護を受けるようになる方も多い。

こうしたときにご自身の老齢基礎年金が手厚くなるように70歳まで繰り下げ受給を検討したほうがよいでしょう」(社会保険労務士・井戸美枝氏)

Cさんが65歳から、妻が70歳から年金を受給した場合の、夫婦のモデルケースはこうだ。

老齢基礎年金が月6万5000円、老齢厚生年金が月10万4000円の計16万9000円。さらに妻が65歳となるまでは、加給年金(3万2000円)が加わり、毎月約20万円が支給される。

妻が70歳になった段階で年金を受給すれば、老齢基礎年金9万2000円が加わる。仮にその時点で夫が死んだとしても、妻に7万8000円の遺族厚生年金が支払われ、妻は毎月約17万円の年金で生涯暮らせる。