トヨタ「レクサス福岡東」全員接客が起こした奇跡

ドラマメソッドの感動が信用を創造する
平野 秀典 プロフィール

どこまでもまず人間をつくれ

京セラ創業者の稲盛和夫氏や日本電産の永守重信会長、松岡修造氏や大谷翔平選手など各界のスーパースターに多大な影響を与えた成功哲学の日本最高峰、中村天風はこんなふうに説いています。

 

「どこまでもまず人間をつくれ。それから後が経営であり、あるいはまた事業である」

中村天風の教えを受けた松下幸之助氏は、「松下電器は何を作っている会社ですか、と聞かれたら、人を作っている会社です。あわせて電気製品も作っていますと答えなさい」と社員に教えたと言われています。

中村天風の成功哲学が、今でも偉大な経営者や一流の人たちに支持されるのは、人間性を向上させて感動を生み出す極意が詰まっているからなのだと、改めて思えます。

中村天風は、1876年に福岡の柳川藩(立花家)の血縁者として東京で生まれました。そのゆかりある福岡の地でのレクサス福岡東の取り組みは、偶然を超えた巡り合わせを感じます。

混迷を深める世の中には今、「感動したい人多数、感動を生み出す人少数」という、圧倒的な「需要過多供給不足のマーケット」が存在しています。感動する商品はヒットし、感動する接客は店のファンを増やし、感動するプレゼンは人を動かし、感動するリーダーには才能が集まります。

「人の喜びをわが心の喜びとする」

中村天風が言う最上級の「大欲」を燃やすことが、レクサス福岡東のように顧客感動指数と業績を共に伸ばし、混迷の時代の突破口になる、最短距離の道なのだと私には思えてなりません。