積水ハウス地面師事件の主犯格「カミンスカス操容疑者」の正体

そのバックグラウンドと逃亡劇を追う

「積水ハウス」が地面師グループに63億円をだまし取られた事件で、主犯格とみられるカミンスカス操容疑者がフィリピンで拘束された。この男の過去と逮捕に至るまでの「豪遊と逃亡劇」を、『地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団』を著したジャーナリストの森功氏が追った。

17人目の容疑者

容疑者は、小山操こと小山武こと、カミンスカス操――。

フィリピンから日本に移送された場合、逮捕状や身柄の勾留状における当人の呼び方はそうなるのだろう。

63億円もの大金を騙しとった「積水ハウスの地面師事件」で、主犯格の一人として注目を集めてきたカミンスカスが12月19日、マニラの入管当局に身柄を拘束された。警視庁捜査二課が日本の領空に入り次第、事件における17人目の容疑者として逮捕する見込みだ。

 

カミンスカス操は、11月13日午前1時15分羽田空港からマニラ空港へ高飛びした。警視庁はその3日後の16日、なりすまし役の羽毛田正美ら8人を逮捕したが、積水ハウスの交渉現場に登場していた主犯の一人を取り逃がしたことになる。

結果、カミンスカスは国際刑事警察機構(International Criminal Police Organization=ICPO)制度によって国際指名手配されてきた。国際手配は容疑の軽重によって段階があり、殺人などいちばん厳しい「赤色(レッドカード)手配」以外は、海外で発見してもすぐに逮捕できない。有印私文書偽造や公正証書原本不実記載容疑で逮捕状の出ているカミンスカスは、そのワンランク下の「青色(ブルーカード)手配」である。

この間、日本の警察は本人の潜伏状況を把握してきた。カミンスカスがかつての〝フィリピン妻〟と連絡を取り、リゾートホテルを転々としていることも知っていたが、手が出せないでいた。出頭するよう、説得してきたという。

むろん、せっかく高飛びした当人はなかなか当局の説得に応じない。だが、すでに観光ビザの滞在期限が切れている。そうして滞在69日目、フィリピン当局と連携し、強制的に〝出頭〟させ、身柄を押さえたのである。

税務対策で稼いだ過去

小山操は1959年高知県南国市生まれの59歳。地元の高校を卒業後、上京したと知人がいう。

「大学を受験したようですが、失敗したと思う。本人は東京電機大に行ったとか、山野愛子美容スクールに通ったとか言っていますが、真偽のほどは不明です」(知人A)

別の知人Bによればこうも話した。

「若い頃、新宿を根城にしてきた右翼団体S塾にいた時期もありました。なんでも国税当局にパイプがあるという触れ込みで、その関連団体が手掛けた六本木の地上げに関する税務対策をしていたといいます。またゲームメーカーの税務コンサルタントとして、年収5000万円くらいのときもあったようです」