# 米国経済

世界的な株価急落から読み解く2019年アメリカ好景気の行方

ゆるやかな展開が続くだろうが…

世界的に株価が下落している。その背景には、世界の牽引役である米国経済の減速懸念がある。米国の中央銀行であるFRB(連邦準備理事会)も、先行きの米国経済に関する慎重姿勢を示し始めた。それが、12月18日、19日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)での最も重要なポイントだ。

足許、米国経済は相応の好調さを維持している。今すぐ、景気が腰折れになる展開は想定しづらい。恐らく、当面、緩やかな景気の回復が続くだろう。問題は、その後の景気減速の懸念が高まっていることだ。FOMC参加者の政策金利予想を見ると、来年の後半に米国経済の減速が鮮明化するという警戒感は従来に増して強くなっている。

 

先行き警戒感を強めるFRB

今回のFOMCにおいて、FRB関係者は米国経済の成長予想を引き下げた。この見通しに基づいて、2019年の利上げ回数に関する予想は、従来の3回から2回に減少した。その一方、2020年の利上げ回数は1回で変わりがない。減速が見込まれる中でどのように利上げが進むか、市場参加者は先行きを見通しづらくなった。

9月のFOMCにて、多くの参加者が米国経済に比較的強気だった。6月の予想に比べ、2019年の実質GDP成長率の予想値が2.5%に0.1ポイント上方修正されたことは、それをよく表している。一方、今回の予想を見ると、2019年の成長率予想が2.5%から2.3%に下方修正された。

10月以降、GAFAをはじめとするIT先端企業の株価が大きく下落したことは、米国経済の先行き不透明感を高めた。原油価格の大幅な下落を受けて、ジャンク級社債のスプレッド(国債に対する上乗せの金利)も急拡大している。特に、エネルギー関連企業が発行してきた社債の価格は急落している。

この展開を受けてFRBは今後の米国経済の下方リスクが高まっていると判断し、成長率見通しを引き下げた。それは、FOMC後に米国を中心に株価が下落した主な要因と考えられる。

また、一時ドル/円が110円台にまで下落したことを見ると、米国だけでなく世界経済の成長率低下を懸念する投資家は増えていると考えたほうが良い。これまでの世界経済は、米国経済に支えられてきたからだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら