Photo by Getty Images

自民党・二階幹事長「病欠」で飛び出したまさかのサプライズ人事案

水面下で駆け引きが始まっている

自公の調整に「不在」の大きな影響が

自民党の二階俊博幹事長(79歳)の不在が、自民、公明両党の2019年度税制改正を巡る協議に大きな影響を与えた。

自民党の宮沢洋一税制調査会長と公明党の西田実仁税制調査会長は12月13日、来年度の税制改正で焦点となっていた婚姻歴のないひとり親(シングルマザー)への支援策について、公明党が強く求めていた低所得者の住民税軽減(寡婦控除)や年1万7000円の手当新設で合意した。

そして両党は翌14日、2019年10月からの消費増税に備えた自動車・住宅の減税策を盛り込んだ与党税制改正大綱を当初予定の12日から2日遅れて決定した。

もともとは二階自民党幹事長、井上義久公明党幹事長も同席する自民、公明党幹事長・税調会長会談だったが、二階氏の「検査入院」によって”片肺会談”となったことから、両党合意に至るまで時間を要したのである。

自民党幹事長室は臨時国会最終盤である10日、二階氏のインフルエンザ罹患を発表した。ところが翌日、約1週間の予定で都内の病院に検査入院したことが判明、インフルエンザ罹患→重篤な高血圧→脳梗塞発症など同氏の重病説が一夜にして永田町を駆け巡ったのだ。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら