Photo by gettyimages

渋谷ハロウィン・軽トラ横転犯を捕まえた防犯カメラ捜査の凄さと怖さ

事件発生からわずか2週間で一網打尽 

お祭り騒ぎに乗じて、犯罪行為に手を染めた若者たちが一斉にお縄となった。警視庁の威信をかけた捜査に多大なる貢献をしたのは、防犯カメラだ。今週の週刊現代では、最新技術を駆使したこの逮捕劇について特集している。

4万人の中から見つけ出す

山梨県富士吉田市にあるアパートの一室。呼び鈴が鳴ったのは12月5日午前7時を少し過ぎたころだった。外には警察官5人とパトカー3台が待機している。

応対したのは家主の妻。相手が「ホシ」でないことがわかると、警察官はこう尋ねた。

「警察の者です。お孫さんはいますか?」

しばらくして、玄関に男が現れた。突然のことに動揺を隠せない祖母とは対照的に、事情を察してか、諦めたようにガックリとうなだれている。

「悪いね。こんな時間にビックリしたでしょ。何で来たか、わかるよね?」

「はい」

こうして、暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されたのは、土建業の川村崇彰容疑者(22歳)。10月28日未明、ハロウィン前の渋谷センター街にて、横転させた軽トラックの上で半裸になって騒いでいた若者といえば、ピンとくる人も多いだろう。

時を同じくして、他3人の男も川村容疑者のように捕まっている。

際立って悪質な行為だとして逮捕されたのは4人だが、警視庁は他にも事件にかかわったとされる11人を特定。外国籍の5人を含む17~37歳の男計15人を一網打尽にした。

捜査員の間では「クレイジーハロウィン事件」と呼ばれた一連の暴動によって、車の横転・損壊だけではなく痴漢や窃盗等の被害も相次いだ。若者たちの狂乱ぶりは映像とともに報じられて、大きな話題となった。

 

事件が起きた10月27日の夜、渋谷には4万人超が集まっていた。

ただでさえ、渋谷のセンター街は人波でごった返している。それに加えて、当日はハロウィン前の最後の週末。仮装して動き回る人も大勢いた。

普通に考えたら、そんな狂騒の渦中にある群衆の中から、特定の人物を探し当てるなど不可能に近い。干し草の山から針を探すようなものだ。

いかにして、43人の捜査員は「軽トラ横転」犯15人を特定したのか。そこには、防犯カメラの技術革新と、犯人を追い詰める専門部隊の姿があった―。

「事件翌日、警視庁は所轄の渋谷署以外にも、捜査1課の捜査員を投入。渋谷を中心に合計約250台の防犯カメラの映像を回収したほか、当日の渋谷を撮影しネットに上げている人を見つけ、スマホを提出してもらうなどして、特定したそうです」(警視庁クラブ記者)

ある警視庁関係者は、捜査についてこう語る。

「当日からすでに、警備にあたっていた部隊とは別に、遠くから群衆の動きを撮影する私服警官も出していたようです。

人が多すぎて、その場で逮捕することは難しかったかもしれませんが、暴れている人を撮影する指示を出しておけば、後で捜査する上での重要な資料になります」

捜査の中心を担ったとされる捜査1課は、殺人や強盗といった凶悪事件を担当する部署だ。そんなプロ中のプロの刑事たちもかかわっていたというのだから、警視庁の本気度がうかがえる。

「本部の捜査1課が乗り出すのは異例です。本来は渋谷署の刑事課で十分。一番の狙いは抑止効果を高めることですが、東京五輪の暴徒対策を兼ねたデモンストレーションと考えることもできます」(前出・警視庁関係者)