12月27日 仏の細菌学者パスツールが生まれる(1822年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1822年のこの日、近代医学の創始者の一人、細菌学者ルイ・パスツール(Louis Pasteur[仏]、1822-1895年)が、フランスに生まれました。

【写真]ルイ・パスツール
  ルイ・パスツール photo by gettyimages

パスツールの業績は、立体異性体の発見から、ブドウ酒の発酵の仕組みの解明、炭疽病や狂牛病などのワクチンの発明、伝染病の原因の研究など、非常に幅広く、現在の化学・医学に多大な影響を残しています。

また、生物は空気中のなんらかの要素から自然に発生するという「自然発生説」を、巧妙な実験によって否定したことでも有名です(下写真参照)。空気さえあれば生き物が自然に発生するという発想は、現在からすると笑ってしまうような考えですが、17世紀には、ネズミのような大きな動物も、空気から発生すると思っている人がいたそうです。

【写真】白鳥の首フラスコ
  白鳥の首フラスコ(復元) photo by gettyimages
〈図解説〉このフラスコに肉汁を入れて加熱し、フラスコ内の微生物を含んだ空気を蒸気ですべて追い出してしまうと、肉汁は腐敗しないことを示しました。これは、下側に湾曲した形状のフラスコの口を通過できるのは空気だけで、微生物は一番下がったところにトラップされてしまうためです。

もしかしたら、いま私たちが持っている科学観のなかにも、数百年後の人々からみれば、まったく信じられないようなものがあるのかもしれませんね。