Photo by iStock

安倍総理はもう知ってる…?「新しい元号の決め方」の意外な話

発表はまだまだ先、ですが

発表は4月1日午後0時

来年5月1日から、新元号に切り替わる。次の元号を検討していること自体が天皇への不敬にあたるという意見があるため、選定作業は極秘に行われてきた。

だが、過去の改元の手続きを鑑みると、すでに次の元号の原案が決定しているのは間違いないだろう。

昭和から平成の元号制定の責任者は、内閣内政審議室長が務めていた。この職に'85年から就任し、改元を実際に取り仕切った的場順三氏(84歳)はこう証言する。

「就任以来、極秘に元号の案を複数、用意していました。陛下が体調を崩された'88年の9月ごろには、すでに3つの原案を内示していたのです」

 

当時と異なり、今回の改元では、次の元号を使用し始める時期が決定しているため、さらに周到に準備が進められている。改元を取り仕切るのは古谷一之官房副長官補で、杉田和博官房副長官が管轄している。

杉田氏や古谷氏が文化勲章受賞者や文化功労者から募集した案をまとめて、すでに「本命」を含む3~4案に絞り込んでいるとみられる。

この案は、安倍晋三総理、菅義偉官房長官ほか数名に共有される。候補を提出した識者を含めて、この他に、「次の元号」を知っている者はいない。

政府は、'19年4月1日に新元号の発表を予定している。責任感の強い杉田氏は、改元を完璧に取り仕切るべく、非常に神経質になっているという。

その杉田氏の頭を悩ませるような事態が起きた。

11月4日、安倍総理は明治神宮を参拝した。その場で、神社本庁の関係者が、元号の発表を「即位当日である5月1日に変更すべきだ」と、総理に直接要請したというのだ。