〔PHOTO〕iStock

パクれ、学べ、寝ろ!世界のトップクリエイターたちが実践する新常識

過剰なオリジナル信仰には問題もある

「休む」ことでいいアイデアが生まれる

「寝る子は育つ」とよく言うが、それは大人にも当てはまるようだ。

とりわけアイデアや企画といった「クリエイティビティ(創造性)」が求められる仕事に就いている人は、"努力してでも"よく寝たほうがいい。

大切なのは睡眠だけではない。何もしないリラックスした時間も大事だ。

コーヒーを飲んでいる、シャワーを浴びているといったリラックスの時間の最中に、「いいことを思いついてしまった」という経験をしたことがある人は多いと思うが、人間の脳の働きを考えれば、それはごく自然なことである。

〔PHOTO〕iStock

脳の研究が進むにつれて、そういったことが明らかになり始めた。そして近頃では、ちゃんと寝る、休むは、世界のトップクリエイターたちが実践する仕事の"新常識"になり始めている。彼らは「寝ないでいい仕事なんてできるわけがない」と口をそろえる。

「それは職場環境に恵まれた海の向こうの話でしょう?」と思うかもしれない。だが、クリエイティブ業界(特にマーケティング系)で働く人が多忙なのは、基本的に欧米も日本と似たり寄ったりのところはある。

つい先日もこんな記事を見かけた。イギリスのベテランクリエイティブ職が、この業界の「働きすぎ状況」に対して疑念を表明したものだ。

世界的に仕事がハードなことで知られるこの業界でさえ、働きすぎはもはや"非常識"になりつつあり、新しい仕事のやり方を模索する動きが顕著になっている。

 

先日、世界各国のクリエイター18名が共著で執筆した書籍『クリエイティブ・スーパーパワーズ』の翻訳していて、その変化に気づいた。

それにしてもなぜ、「休む」ことでいいアイデアが生まれ、その結果として仕事の生産性も高まるのだろう?

前述したように、それは脳の働きと関係がある。意識して(変に努力して)アイデアをひねり出そうとするのは、本来は脳に処理させるべきでない"宿題"を押し付けてしまっている状態なのだ。