マレー沖海戦に参加した一式陸上攻撃機と同型機の編隊飛行

英国の最新鋭戦艦を撃沈した攻撃機指揮官が遺した「意外な言葉」

77年前の今日 マレー沖海戦

真珠湾攻撃によって火ぶたが切られた太平洋戦争。その2日後の1941年12月10日、かつて世界の海を席巻した英国海軍の最新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズと圧倒的な攻撃力を誇った巡洋戦艦レパルスが、日本の航空部隊のみによって撃沈された。これは、これは世界の戦争史上初のことであり、その後、海戦の様相は一変することになった。

この海戦に、一式陸上攻撃機の操縦士として参加し、その後の不利な戦況を奇跡的に生き延びて、戦後、戦没者の慰霊に尽くした男は、最後にどんな言葉を遺したのか。

 

大艦巨砲から制空権の争いへ

太平洋戦争が始まるまでの長い間、洋上での戦いの主力は戦艦であると考えられていた。

日露戦争で日本とロシアの艦隊が戦った日本海海戦、あるいは、第一次世界大戦でイギリスとドイツの艦隊が戦ったユトランド(ジュットランド)沖海戦に見るように、厚い装甲をまとい、大口径の砲を搭載した戦艦が海戦の帰趨を決するという「大艦巨砲主義」が、世界のいわば常識だった。

戦艦はまた「主力艦」とも呼ばれ、飛行機がそれを沈めるなどということは(ヨーロッパでは、停泊中の戦艦に対する小規模な実例はあったが)、一部の航空関係者以外、ほとんど誰も信じていなかった。それは、将棋にたとえれば、歩で玉をとるようなものと考えられていたのである。

ところが、そんな常識が、開戦劈頭(へきとう)、いきなり覆される。

いまから77年前の昭和16(1941)年12月8日、日本海軍機動部隊は、350機の飛行機隊をもってハワイ・真珠湾を奇襲、わずか2時間たらずの攻撃で米太平洋艦隊を壊滅させた。

その2日後の12月10日には、マレー半島沖で、84機の海軍陸上攻撃機部隊が、イギリス東洋艦隊の戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」と巡洋戦艦「レバルス」、2隻の主力艦を撃沈。これは、航行中の戦艦を航空攻撃で沈めるという、世界史上初の出来事だった。

マレー沖海戦。日本海軍機の攻撃を受ける英戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」(上)と巡洋戦艦「レパルス」(下)

以後、大艦巨砲から制空権の争いへ、戦争の様相も一変する。まさに歴史を塗りかえた一瞬だった。この戦いは、「マレー沖海戦」と呼ばれる。

英戦艦2隻の配備は、日本への大いなる脅威だった

「開戦前の研究会で、戦艦に対する攻撃では、防禦砲火で60パーセント以上は撃墜されるという結果が出ていたから、とても生きて還れるとは思わなかった。しかし、そんなことは部下にはひとことも言ってません。伝声管を切り替えて誰にも聞こえないようにして、ひとり、『今日のいくさは手ごわいぞ』と唄いながら、英艦隊の予想地点に向けて飛んでいました」

と、この日、鹿屋海軍航空隊(鹿屋空)第三中隊長として一式陸上攻撃機(一式陸攻)9機を率いた壹岐春記さん(当時・大尉。1912-2011)は言う。

壹岐さんは鹿児島県生まれ。各種軍学校への進学率が全国一だった鹿児島一中を卒業、1年浪人ののち、海軍兵学校に第62期生として入校した。

「春記」という名前は、明治10(1877)年、西南戦争で西郷隆盛に付き従い、田原坂の戦いで17歳の若さで戦死した伯父の名を、そのまま受け継いだものだった。

少尉任官後は戦艦「日向」乗組を経て飛行学生になり、昭和12(1937)年9月に同教程を卒業、飛行機搭乗員となった。

ちょうど、中国大陸では日本軍と中華民国軍が激突、支那事変(日中戦争)がはじまった直後の時期で、壹岐さんは、はじめ水上偵察機、のちに陸上攻撃機に転じ、操縦員として、のべ200回以上の出撃を重ねていた。海軍航空隊きってのベテランパイロットだったと言っていい。

壹岐春記さん(当時大尉。昭和18年、九六陸攻の操縦席で)

昭和16年10月3日から3日間、鹿児島県の鹿屋基地で、陸軍の参謀も参加して、対米英開戦に備えての図上演習が行われた。鹿屋空の一式陸攻6個中隊(各中隊9機)には、開戦の12月8日未明、台湾からフィリピンの米軍航空基地を攻撃する任務が与えられたが、図上演習のサイコロの目による判定では、敵戦闘機の邀撃(ようげき)により、2度の出撃ですでに兵力の半数を失うと算定された。11月22日、6個中隊がそろって台湾・台中基地に進出するときには、6人の中隊長は、誰言うともなく、

「12月8日には、このなかの3人は未帰還だぞ」

と言い合った。

ところが、開戦を控えて、すでに航空部隊全力が台湾の各基地に展開していた11月30日になって、イギリス東洋艦隊の主力艦2隻が、英領シンガポールに増強されるとの情報がもたらされた。

敵主力艦が、同年1月に竣工したばかりの、35.6センチ砲10門を搭載する新鋭戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」と、1916年就役の旧型艦だが、高速でより大口径の38.1センチ砲6門を搭載する巡洋戦艦「レパルス」であることは、壹岐さんたちにははじめから知らされていたという。

イギリス東洋艦隊旗艦・戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」。1941年1月に就役したばかりの新鋭戦艦だった
巡洋戦艦「レパルス」。1916年8月に就役。旧式艦ながら38センチ砲を搭載、日本側にとって大きな脅威だった

日本側は、真珠湾攻撃、フィリピンの米軍基地攻撃とあわせて、マレー半島コタバルに陸軍部隊を上陸させ、そこを足がかりに一気にシンガポールを攻略する計画で、そのため、35.6センチ砲8門を搭載する戦艦「金剛」「榛名」をもって上陸作戦を支援することになっていた。「金剛」は、もとは1913年、イギリスで建造された巡洋戦艦で、「榛名」はそれをもとに、1915年に国産化された同型艦である。いずれの艦も、大改造を経て近代的な装備の高速戦艦に生まれ変わっていたが、ごく大雑把に言って、戦艦の戦闘力は主砲の口径に比例する。

当時、「榛名」乗組の少尉だった松永市郎さん(1919-2005)の回想――。

「英戦艦2隻の情報が入ったときの艦内の雰囲気は、悲壮なものでしたよ。『プリンス・オブ・ウェールズ』は、主砲の口径が同じだから互角に戦えるかもしれないが、新鋭戦艦で防御力が強い。『レパルス』は、主砲が大きい分、こちらの弾丸が届かないところから撃てるわけですから、これはやられるな、と」

「プリンス・オブ・ウェールズ」と「レパルス」のシンガポールへの配備は、日本軍の現地部隊にとっては、開戦準備を揺るがしかねないほどの脅威だったのだ。