Photo by Pixabay

日本海と太平洋の「別離は450万年前」海底からその理由も判明!

「孤高の海」はこうして生まれた
ブルーバックス好評既刊『日本海 その深層で起こっていること』でも注目を集めた日本海は、結局いつどのようにして現在の形になったのか。最新の研究成果は「450万年前」の出来事に原因を求めているという──。

日本海は「ミニオーシャン」

あの小さな日本海は、世界でも珍しい「孤高の海」だ。

対馬海峡、津軽海峡、宗谷海峡、間宮海峡という狭いすき間で、大きな太平洋、東シナ海、オホーツク海とつながっているが、海峡の水深はせいぜい百数十メートルほど。最深部の水深は、富士山の高さとほぼ同じ約3800メートルなので、つまり、ほとんど出入り口のない器に塩水がたまったような海なのだ。

それなら湖のようなものかといえば、そうではない。

まず、海流がある。黒潮から分かれた南からの海流が、対馬海流となって対馬海峡から流れ込んできている。大陸沿いに北から南に流れるリマン海流もある。

外洋との海水の行き来がほとんどないので、水深300メートルより深いところには「日本海固有水」と名付けられた海水がたまっている。こういうたまり水は、生物の死がいなどが分解されるときに酸素を消費して酸欠状態になり、死の海になるところだが、日本海はそうはならず、豊かな海の恵みをもたらしてくれている。

冬の季節風で海面が冷やされ、酸素をいっぱい含んだ海面近くの水が深く沈んで酸欠を防ぐからだ。絶妙のしくみだ。

日本海は、他の海から隔絶され、ほぼ独立したひとつの海だ。ジブラルタル海峡を通して、かなり深い海水まで大西洋と行き来している地中海とは、その点で違う。

そして、大きな海のように海流もある。外洋の力を借りずとも、自分で「海」の姿を保っている。小さくても、太平洋などとよく似た一人前の海なのだ。

だから、「小さな大海」「ミニ大洋」「ミニオーシャン」などともよばれている。

日本海冬の日本海岸 Photo by PhotoAC

海底に埋まった骨から判明!

では、日本海がこのような孤高の海へと歩み始めたのは、いつごろなのか。

この一帯の火山活動をもとに500万~400万年前といわれたり、放散虫という生き物の化石から350万~250万年前といわれたり、諸説あった。

海底に埋もれた魚の骨や歯を使ってこの問いに答えを出したのが、富山大学博士課程3年の小坂由紀子(こざか・ゆきこ)さん、堀川恵司(けいじ)准教授らのグループだ。

いまから450万年前、わずか14万年の短期間のうちに、太平洋との海水の出入りが一気に減って孤立の度を深め、いかにも日本海らしい海の原型ができたのだという(プレスリリースはこちら

小坂さんらは、日本海のほぼ中央部の海底に埋まった魚の骨や歯を分析した。