「種子法廃止」は日本の農業に「こんな悪影響」を及ぼすかもしれない

あまり議論がされていないが…
尾崎 彰一 プロフィール

聞き慣れない「F1種」とはどんなタネなのか

作物の種は、「固定種(在来種)」と「F1種」に大別される。

固定種とは、古くからその土地に伝わる種のことで、その土地の気候風土、土壌に適応した品種と言える。作った作物の中から最もできの良いものを選んで種を採る。翌年その種で作物を作り、また最もできの良いものの種を採る。こういった作業を何十世代も繰り返し、味も品質も安定させるのだ。昔ながらの農業である。

photo by iStock

野菜の栽培では、自然栽培や有機無農薬栽培などの農業を実践する農家が、固定種を栽培していることが多い。

一方の「F1種(ハイブリッド)」とは、人為的に作られた一代限りの雑種(一代雑種)のことを指す。種苗会社によって作られている野菜の種は、ほとんどがF1種となっており、現在、日本の市場に流通する野菜の9割以上がF1種だと言われている。

遺伝学においてF1(雑種第一代)とは、異なる形質を持つ親(固定種など)を掛け合わせてできた、第1代目の子孫を指す。昔学校で習ったメンデルの法則を思い出してほしい。異なる親同士をかけ合わせた1代目は「雑種強勢」が働き、優勢の形質しか現れない。つまり、両親の性質のいいとこ取り(ハイブリッド)ができる。

遺伝子的に同じものになるので、同じ形質の作物が一度に育つ。野菜であれば、大きさや形・色が揃い、大量生産・大量出荷に適している。ほとんどのJAはこうした種苗を採用しているため、JAの農家が生産し出荷しているスーパーマーケットの野菜は、基本的にF1種である。

 

ところで、F1種からできた作物の種を取って育てるとどうなるのか。

作物は放って置くと自分の雌しべと花粉で自家受粉してしまう。そうしてできた種からできる作物(F2=雑種第二代)には、4分の1の確率で隠れている劣勢の形質が現れてしまう。発芽速度、草丈、葉の色、粒の大きさ、味など、劣性形質の出方はバラバラなので、多くが規格外になってしまい、F2種の作物は商品にならない。

つまり、F1種を育てる農家は、育てた作物から種を取ることはなく、全て商品として出荷するので、毎年種苗会社からF1の種を買わなければならないことになる。

それでも野菜農家が固定種ではなくF1種を育てるメリットは、JAが指定するF1種であれば、JAが共同出荷してくれること(固定種の場合は、自分で売り先を見つけなければならない)、また品質が安定しているため栽培が容易なことだ。

一方で、コメはどうか。

現在、日本に流通するコメは、ほぼ全て「固定種」である。日本のコメに関しては、冒頭で説明した通り、種子法によって都道府県に予算をつけ、種子の育種を管理してきたため、結果的にF1種の流通を許してこなかった。しかし、種子法が廃止された今、日本のコメも野菜と同じように、F1種が多く栽培されるようになるのだろうか。

種子法は、F1種を禁止する法律ではないので、実はすでにF1種のコメの販売はされている。三井化学アグロが開発したハイブリッドライス「みつひかり」だ。

しかし、この品種を育てている農家はまだ少なく、一般にはほとんど流通していない。コシヒカリなどの固定種のブランド米の種が、種子法により低価格に抑えられていたため、F1種の稲を選択するメリットが見出せなかったからだ。

しかし今後、種子法廃止の影響で、もしコシヒカリなどの主要品種の価格が大きく上昇するようなことになれば、事態は全くわからない。