Photo by iStock

やせ細り、背中が曲がり…精神科に「薬漬け」にされた青年の最期

ルポ ブラック精神医療(4)

串山一郎さんは、国立病院機構が運営する広島県の精神科病院で、4ヵ月半にわたって隔離と多剤大量投薬を受け、38歳で亡くなった。なぜ一郎さんは、命を落とさなければならなかったのか? 遺族や関係者への取材を続ける、元読売新聞医療部記者・佐藤光展氏が、新著『なぜ、日本の精神医療は暴走するのか』で報じた内容の一部を特別公開する。

大切な「リュック」を取り上げた

一郎さんの主訴は「不眠、興奮、多弁」とカルテに記されている。自傷や他害の恐れはなかった。入院初日はどのような状態だったのか。看護記録から関係する部分を抜き出してみよう。

13時30分 入院
独歩にて入院。大きな声を出し、歩きまわる。入室しようとせず。スタッフ付き添い様子観察する。

14時45分 個室施錠開始
再三の促し、介助にて入室。興奮強い。

15時30分
放便、弄便あり。開けてほしいとドア叩き訴えている。上半身裸になっている。

22時00分
大声を出してドアを叩いている。ドアを指さし「開けて」と訴える。言動は支離滅裂なこと多い。

いきなり隔離や拘束をされたら誰でも興奮し、言動が支離滅裂になる。それをおかしな言動の根拠として提示する医療者の頭の中こそ支離滅裂で病んでいる。

一郎さんは自宅での排便、排尿に問題はなかった。一人でトイレに行けた。ところが観察室という名の隔離部屋に備え付けのトイレはなく、ポータブルトイレが置かれただけだった。そして一郎さんは便や尿を頻繁に漏らすようになった。投与された薬の影響もあったのかもしれない。

翌17日の看護記録に重要な記載がある。

8時00分
夜間ナップサックをずっとかけて過ごす。前室に預かる(A指導員より)

8時20分
訴えなく室内徘徊している。

9時00分
大声や何かを話している。人のいない方向へ向けて会話のように声を出している。

16時00分
大声で独語していること多いが、「リュックを持って来い」というニュアンスのことを言っていることが多い。

20時30分
巡回毎異常なし。スタッフルームの方に向かって「リュックサックがほしい」と言っている。

これは中学生の時、母親の美奈子さんが買ってあげた黒色のリュックサックだった。どこに行くにも肌身離さず持ち歩いていた。生地のあちこちが傷んでいたが、一郎さんにとっては人生を共に歩んできた分身であり、心を落ち着かせるのに欠かせない宝物だった。

これとは別に、入院時には黒地に花柄の入った巾着袋と、えんじ色のリュックサックも持参していた。どちらも小学生の時に購入した思い出の品で、眠る時はいつもこれを抱いていた。しかしこの二つは見るからにボロボロで、観察室に入る前に「これは預かっておきますね」とA指導員に取り上げられてしまった。

言わば「無害の精神安定剤」を奪われた一郎さんは、残った黒色のリュックを背負い、眠れぬ夜をじっと耐えたのだ。しかし翌朝、病院はそのリュックさえも取り上げ、落ち着かなくなった一郎さんに何種類もの薬を投与し続けた。退院時、黒色のリュックは返却されたが、巾着袋とえんじ色のリュックは戻ってこなかった。ゴミのように扱い、処分したのだろう。