# マネジメント

まだ、リーダーシップを「引っ張ること」だと勘違いしていませんか?

バーのママの即席リーダー塾(1)
河合 太介 プロフィール

牧村:えー、だったらママはどう考えるのですか?

ママ:リーダーには自分が先頭に出て行って引っ張らなくっちゃいけない場面もあるから百パーセント間違っています、って言うつもりはないの。でも、「リーダーシップ=引っ張ること」という直線的な心構えや姿勢には大きな落とし穴があるのよ。

高野:どういうところに落とし穴があるんですかね?

自分が引っ張らなくっては、と思って張り切ってやったら、チームが自分の思った通りにまとまらない現状に苦労している高野は、真剣な表情で尋ねた。

 

自分が一番力があるという錯覚

ママ:まず「引っ張らなくちゃ」という方向に引っ張られすぎると、「自分の腕力に頼る」という考えや行動につながりやすいという落とし穴ね。

自分の腕力に頼るという考えは、チームの中で自分が一番力があるんだという錯覚を起こさせるでしょ。そうすると、部下の人たちの意見や能力や仕事のやり方が頼りなく見えてきちゃうの。だって、自分が一番だと思ってしまっているからね。

頼りないなあ、これじゃあダメだなあ、自分のやり方のほうがいいのに、なんて何を見てもそう思えてきてしまうの。そうすると、「だったら自分がやったほうがいい」「自分でやったほうが早い」って思えてきて、部下の仕事を自分が取り上げたり、やってしまったりするの。

そうなると部下のやる仕事は、その他の雑務や、時間を取られる割には成果に直結しない面倒くさい仕事だけ回されるとか、あるいは上司の仕事の事前準備や後始末とかね。まるで上司のアシスタントみたいな扱いになっちゃうの。これじゃあ、部下の人は仕事面白くないわよね。モチベーションもあがらないわ。

高野:図星です。自分がはまっている落とし穴はまさに今のお話の通りです。自分はリーダーに選ばれたくらいだから、自分には一番力があるはずだ、だから、自分が引っ張らなくてはと思っていました。でも、そう思い込んでいたせいか、部下の仕事のやり方が全部自分に比べて稚拙に見えてしまっていました。それで、おっしゃる通り、細かいことに口を出したり、かと思えば大切なところは任せきれなくて全部自分でやっていましたね。

あ~、でも全然気づいていなかった。僕はいつの間にか、そうやって部下を自分のアシスタントのように扱っていたんだ。そりゃあ、僕と仕事していても面白くないよなあ。いくら発破をかけたってやる気なんて出るわけないよなあ。

ママ:それとね、自分が一番力があるという錯覚を起こすと、部下を頼れなくなるということの他に、いつの間にか部下に対して否定的な言葉を投げやすくなってしまうのよ。

だって、一番は自分でしょ。自分の価値観や基準が正しいってことになって、そこから他の人を見るわけだから。「できていない」とか、「今の若いやつは」とか、男性だったら「だから女の人は」とかっていう言葉が、ついつい口からついて出やすくなってしまうの。

佐藤:すいませ~ん。自分のことです。

佐藤は、生徒がいたずらが見つかって先生に叱られたときのように、その場で小さく手をあげて反省してみせた。

ママ:その落とし穴にずっぽりはまってしまっているのに、誰からも注意を受けなかったり、自己反省せずにそのまま来てしまうと、しまいには、本人は無自覚かもしれないけれど、周りから見れば、強引で傲慢な上司になっている場合があるのよ。

「いいから俺の言うことを聞け」とか、「私が正しいのだから、文句を言わずに黙ってやれ」とかね。

牧村:私の周りにもいます、そういう人。本人は自分に力があるからみんな従っていると思っていますけど、じつはみんな、その人に何か言うのが面倒くさいから黙ってやっているだけです。本人だけです、気づいていないの。