Photo by iStock

あなたを「奴隷生活」に誘う「家を持ってこそ一人前」という思い込み

マインドコントロールから脱出せよ
「お金の奴隷システム」から抜け出して、「お金を24時間365日、奴隷のように」働かせるにはどうしたらよいか……? 『毎月5000円で自動的にお金が増える方法』の著者で、個人資産10億円の元外資系ディーラー、ミアン・サミ氏は、自分が「マインドコントロールされている」と気づくことが大切だと説く。たとえば「一戸建てを持ってこそ一人前」という常識は、本当に正しいのか? サミ氏にバッサリ斬ってもらった。

「働き方」には4種類ある

金持ち父さん 貧乏父さん』シリーズの著者として知られる実業家のロバート・キヨサキ氏は、別の著書『改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』(白根美保子訳 筑摩書房)のなかで、世の中の「働き方」を4つに区分しています。

このクワドラントを参照しつつ、私が独自に考える「働き方と資産形成」、そして「新しい奴隷システム」について、お伝えしていきます。

まず、4象限の左上は、会社から雇われている被雇用者、「employee(エンプロイー)」の人たち。

言わば、真面目にコツコツと働いてお金を貯める人たちですね。

次にその下、「self-employed(セルフエンプロイド)」。直訳すれば「自分で自分を雇用している人」という意味で、一般には自営業者や起業家をさします。

3つめは、ビジネスの場を提供する人である「business owner(ビジネスオーナー)」。

そして、4つめが「investor(インベスター)」、投資家ですね。

この4つの働き方のうち、図の左側の2つ、エンプロイーとセルフエンプロイドは、世界で一番大切なものである、自分の貴重な「人生の時間」を売って、お金を追いかけている人たちです。

 

特にサラリーマンは、「エンプロイーのなかで、少しでも上の役職に出世したい」とか、「将来は独立して社長になりたい」とか、4象限の左側だけでのステップアップを目指してしまい、なかなか、象限の右側に行くという発想がありません。

エラそうに言っていますが、私自身、今の会社では「雇われ社長」のような立場です。つまり、私がいなくなると、会社の機能がストップしてしまう。とても、ビジネスオーナーとは呼べません。

ただし、私は一方で不動産などの資産に投資するインベスターでもあるわけです。

私があなたにお勧めしたいのは、何も、今の会社を辞めろという話ではありません。単にお金の奴隷になっているだけでは、自由は手に入らないし、これからの時代、危険です。現在の私のように、少なくとも「インベスターの面も持ちましょう」と言っているのです。

なぜなら、税金を取られるだけでなく、給料の額が減り、お金の価値も下がる一方で支出も増え、コツコツと真面目にお金を貯めても、年間で見てみたら一向に貯金が増えない……と、そんな状態に陥ってしまうから。