photo by istock
# ミャンマー # 戦争 # ライフ

ミャンマーで命を救われた元日本兵「贖罪の30年」

かの地に貢献することを誓って

ミャンマーの人々に助けられ

「忘れもしません。昭和19年4月18日に、もともと私が所属していた中隊が全滅したんです。本当なら私も死んでいたはずだった。だから4月18日は私の命日で、4月19日は私の誕生日だと思い続けています」

埼玉県鶴ヶ島市に住む今泉清詞さん(95歳)は、'41年に召集されて中国に渡り、歩兵部隊に所属していた。だが、身体を壊してインパール作戦が開始する直前に部隊を離れ、連隊本部で事務を担当していた。これが運命の分かれ道だった。

photo by istock

インパール作戦は失敗し、日本軍はビルマ(現ミャンマー)に逃げ込んだ。

「ミャンマーの人たちは非常に親日的でした。家にかくまってくれる人やご飯を食べさせてくれる人もいました」(今泉さん・以下同)

 

ミャンマーの人々に助けられ、生き延びた今泉さんは'46年7月に復員。

移り住んだ鶴ヶ島市で荒地を開墾し、苦労の末に酪農で成功した。そのさなか、'74年にはミャンマーを訪れて、慰霊祭を行ったという。

「行く前は少し心配もありました。戦時中、日本軍はミャンマーで食料や家畜を徴発、田畑を踏み荒らして、現地の方を人夫として使った。

私たちの慰霊祭を快く思うはずがないんです。ところがいざ慰霊祭の開催場所に行ってみたら、黒山の人だかりができていました。なんとミャンマーの人たちが手を合わせて拝んでくれていたんです」