ガンバ快進撃の要「宮本恒靖監督」は日本サッカーのボスになれるか

今日勝てば、クラブ新記録の10連勝
小宮 良之 プロフィール

「かつてない監督」へ…

過去の日本代表監督はいずれもスタッフを連れてきているし、ヴィッセル神戸のファンマ・リージョなども同様である。栄光に浴するのも、クビになるのも一蓮托生。当然だが、主(あるじ)である監督が解任され、コーチの一人が監督になるなど言語道断である。

「決して許さない!」

かつてヨハン・クライフは、自分が解任された後に監督として残ったコーチ、カルラス・レシャックにそう怒り心頭に発し、絶縁状を叩き付けたほどだ(後に和解)。

世界では、コーチはコーチであり続けるケースも多い。コーチが監督になることもあるが、相応の覚悟が必要になる。そして監督は、たった一人の決断者として孤独を背負わなければならない。

 

ロシアW杯、西野朗監督は日本代表を率いて泰然とした采配を見せた。西野監督は現役引退後、U−20代表監督から指導者キャリアをスタートし、J1リーグ最多勝記録を持つ。「お殿様」と揶揄されるほど、生まれながらの監督だ。

一方、宮本監督も「監督」としてのキャリアを重ねつつある。山や谷はあっても、日々が糧になるだろう。12月1日、J1最終節の柏レイソル戦で勝利すると、クラブ新記録の10連勝となる。

異彩を放つ日本人指揮官の台頭が待望される。

Photo by gettyimages

関連記事