〔photo〕iStock
# 子育て # 教育

わが子が「嘘をつく」「ズルをする」…その心を鍛える3つの方法

間違いがあるのは当たり前なんだよ
我が子が「嘘をつく」「ズルをする」、それを寛容に受け止められる親がどのくらいいるだろう? テストやドリルなども、ズルをする可能性があるから子どもには自己採点させない、という親もいるだろう。しかし、国立筑波大学付属小学校に30年余り勤務し、現在は副校長を務める田中博史氏によれば、じつはそんな自己採点の場面こそ子どもの心を鍛える絶好のチャンスだという。田中氏が考える子どもの心の鍛え方について、詳しく教えてもらった。
 

イライラして投げ出す子、誤魔化す子

ある小学校の低学年担任の先生たちとの雑談。毎日、とても忙しくてたくさんのノートやドリルを持って帰る日々が続くと嘆く。働き方改革の掛け声は勇ましいが現場にはなかなか届いた実感はないと愚痴も続く。

では、先生たちはノートやドリルを持って帰って何をしているのかというと、当然せっせと答えあわせにいそしんでいるわけである。でも、翌日、たくさんの時間を費やしたノートやドリルを子どもに返しても、彼らはほとんど振り返ることはせず、そのままカバンに押し込んでいるのが現実と嘆く。

でも子どもの気持ちもわからなくはない。自分が取り組んだドリルなどはその直後に正解かどうか知りたいと思っているはず。時間を経て返されても熱は冷めてしまっている。

では、どうしたらいいのだろうか。

〔photo〕iStock

答えは簡単。ドリルなどは取り組んだ直後に自分で答え合わせをするように育てるのがいい。私は一年生からでもそうさせることが大切だと思っている。いや、ちゃんと教えれば幼稚園の子どもにだってできる。そしてこれは家庭学習でも同じ

さすがに家庭学習の時は、熱心な親はそばですぐに答え合わせなどをして、間違いを修正してあげるのだろうが、ここも一歩引いて子どもたちに自分でさせてみよう。

実は答え合わせを自分でするという行為そのものに、「思考力を育てる」のによい場面がたくさんある。

家庭でも、試しに答え合わせの方法を教えて、我が子の自己採点を少し離れて見守ってみてほしい。すると、けっこう悪戦苦闘している我が子がいることに気がつく。

まず自分が今取り組んだ問題の答えのページを探すだけでも一苦労。もしかしたらこの時点で「ねー、どこに答えがあるの」とすぐに親に頼るかもしれない。

でも放っておこう。見つけられなくてイライラして投げ出す子か、根気よく探す子か。さらには解答のページが見つからないのにいい加減に〇を付けて誤魔化してしまう子か。

こんなところでも、我が子の育ち方がよく見える時間がある。