海上保安庁が使用するドローン「AOV」

海上保安庁がひそかに励む「日本の領海を広げるぞ大作戦」とは何か

ドローンが陸地を探して…

隠れた陸地を見つけ出せ

「海のドローン」が波に隠れていた陸地を発見。この新たな陸地が基線となり、日本の領海と排他的経済水域(EEZ)が広がる。その結果、海底資源の獲得範囲や漁業水域も拡大されるーー。

こんな「千里の道も一歩から」式の試みが、海上保安庁によって日本の沿岸部で始まっている。「海のドローン」こと「自律型海洋観測装置」(Autonomous Ocean Vehicle=AOV)を海面に浮かべ、干潮時には水面に出るが、ふだんは波の下に隠れている「低潮高地」と呼ばれる陸地を見つけようというのだ。

 

北方領土に目を向ければ、日ロの返還交渉が歯舞、色丹の「2島先行」へと移行し、しかも2島の主権や国後、択捉の帰属など難題が残る。そんな中、日本近海に着目し、領土・領海の拡張を図ろうというのが今回の調査。コツコツ当てて得点する地道なプレーに期待が高まる。

まず、領海とは何だろうか。国連海洋法条約によると、沿岸国の主権の及ぶ範囲で、領海の起点は、最低水面より高いところにある低潮高地と海との境目にあたる海図記載の低潮線から、12海里(約22km)までと定められている。

そしてEEZは、資源開発や漁業などの経済活動を排他的に実施できる海域にあたり、低潮線から200海里(約370km)までと決められている。つまり、領海やEEZの起点は一般に言われている海岸線ではないというのがポイントだ。 

海上保安庁による「日本の領海等概念図」

今回の調査によって、海図に記載されていない低潮高地が見つかれば、低潮線が日本の外側に押し出され、領海とEEZが同時に広がることになる。

「そんな都合のいい話があるの? 波に隠れた陸地なんて、とっくに全部発見されているのでは…」

あなた、今そう思いましたね。でも以前、こんな報道があったことはご存じだろうか。今年10月、新聞やテレビで伝えられた「北海道最北端・宗谷岬の近くにある無人島『エサンベ鼻(はな)北小島』が消失した可能性がある」というニュースだ。

エサンベ鼻北小島は、北海道猿払村(さるふつむら)から500mの沖にあり、1987年、国によって測量された。平均海面から約1. 4mの高さのある島として海図に記載されている。領海を明確にする目的から2014年、国が22都道府県の158の無人島に名前をつけたうちの一つだ。

そのエサンベ鼻北小島が姿を消したとされる理由について、海上保安庁の担当者は「オホーツク海は冬季に流氷が押し寄せるので、流氷で削られた可能性がある」と話す。

「島が消えたとすれば、領海が狭まる」との一部報道があるが、これは誤りだ。国連海洋法条約の定義する「島」は、高潮時に水没しないことが要件だが、同条約の定義する「領海」は先に書いたとおり「低潮線から12海里」。そのため、「島」が消えたとしても最低水面より高い「低潮高地」に踏みとどまっていれば、領海の広さに変化はない。

前出の担当者は「流氷が消え、海が穏やかになる来年4月ごろに調査を本格化させる」と話し、あきらめてはいない。

エサンベ鼻北小島の一件は、ふだんは見えない低潮高地であっても、精密な調査によって存在が確認できれば、領海の起点となることをあらためて教えてくれる。