日本最古の貨幣である「和同開珎」(撮影/齋藤海仁)

なぜ、お金にまつわる漢字には「貝」がつくものが多いか、知ってた?

酒席で絶対ウケるおもしろ雑学 お金編

お金って、誰にとっても身近なものですが、じゃあ、お金って何なの?と、あらためて聞かれれば、はたと困ってしまうもの。

そんなお金についてじっくり考えるのに絶好の博物館がある。場所は、花のお江戸は日本橋のすぐそば、日本銀行分館の中だ。

世界最大の貨幣、ヤップ島のフェイや、豊臣秀吉が鋳造させた天正大判を眺めながら、お金について考えてみませんか。

 

そもそもお金って何なのか、学校では教えてくれない

う~む、困ったぞ。今回のテーマはずばり「お金」なんだけど、フロアマップを見るとなんだか手強そうだ。でも、それも当然か。だって「お金ってよくわからない」という思いが貨幣博物館に来た動機なんだから。

あらためて考えてみると、お金というモノはとても不思議だ。誰もが必要とするにもかかわらず、お金そのものについて考えることはあまりない。いや、給料のやりくりとかではなくて、お金という存在や意味についてである。

たとえば「あなたにとってお金とは何ですか?」と聞かれたら、すぐに答えられるだろうか。あるいは、日常よく目にする千円札のデザインをどれだけ覚えているだろうか。お店で支払うときは平気なのに、個人間で現金を渡すときにむき出しだとなんとなく気がひけるのはなぜなのか――などなど、考えれば考えるほどお金にまつわる疑問がどんどん湧いてくる。かといって、学校でお金についてきちんと教わった記憶もない。それも不思議といえば不思議だ。

普段から持ち歩いていて、とても大切なものであるはずなのに、正面切って語るのははばかられる微妙な存在。今回はそんなお金のことをもっと知りたくて、貨幣博物館を訪ねてみた次第。

「貨」「財」「貯」…。お金がらみの漢字は貝だらけ

貨幣博物館があるのは花のお江戸は日本橋、日本銀行の一画にある。日本銀行の創立百周年を記念して、1982年に貨幣博物館が設置され、3年後の1985年に開館した。

2015年のリニューアル以降、展示は日本における貨幣の歴史となっているが、ここはまず、貨幣の誕生に触れておこう。

人類が最初に使った貨幣として陳列されているのは矢じり、稲、砂金など。これらは「物品貨幣」と呼ばれ、解説によれば、かなり古くから世界中で自然発生的に使われていたようだ。その特徴は、①誰もが欲しいもので、②価値を表現できるように分割でき、③持ち運びが簡単で保存が可能の3点だという。なるほど。

物品貨幣が生まれた経緯は想像に難くない。そのほうが物々交換よりはるかに便利だ。個人的に興味があるのはいつから使われ始めたかだが、残念ながらはっきりとはわかっていないとのこと。だが興味深いことに、物品貨幣の痕跡は今でもしっかり残っている。

最もメジャーな物品貨幣のひとつに紀元前16世紀から紀元前8世紀の殷・周時代に中国で使われていた宝貝がある。「貨」「財」「貯」「購」「貿」「買」「資」など、お金に関係する漢字に貝のつくものが多いのはそのためだ。西洋に目を向ければ、英語の「サラリー」の語源は「塩」で、かつてローマ帝国の軍人の給料が塩で支給されていたことに由来する。

古代中国で貨幣として使われていた宝貝と、「貝」を含む漢字

これらの物品貨幣のなかでも、特に使い勝手に優れていた素材が金、銀、銅である。必然的に世界中で普及したため、金銀銅貨は物品貨幣から進化した金属貨幣と定義されている。