photo by iStock

「誕生日プレゼントは何がいい?」と子に聞く親に抜け落ちているもの

世代間連鎖を防ぐ子育て論〈14〉

「誕生日会」というセレモニー

子どもの誕生日を祝うという習慣は、いつから始まったのでしょう。近年では、お祝い会を開く、ケーキを買ってきて食べる、手間暇かけてケーキを焼く……その日は家族がそろって「誕生日おめでとう!」と言い、歳の数だけろうそくを立てて、いっせいにそれを吹き消す……、といったことが一般的になってきているようです。

「年を重ねることはおめでたいこと」というシンプルな生命観がそこにはあります。誕生してから今日までを振り返り、よくぞこの1年も成長してくれたという感慨とともに、その光景は、家族のセレモニーのひとつとなっています。

photo by iStock

しかし、これが正しい誕生日会という基準があるわけではありません。ちょっと奮発したレストランで食事をする家族や、その日だけは外食してラーメンを食べるという家族もあるようです。

また誕生日会はせずに、子どもにプレゼントだけ贈るという人も多いのではないでしょうか。

カウンセリングで出会う人からは、生まれてこのかた誕生日会の経験がないという話も聞きます。「Facebook上で、初めて自分の誕生日を祝ってもらった。これほど世界中のひとが誕生日を祝っているということに驚いた」と語った人もいます。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら