Googleとアップル「最新スマホでカメラが劇的に進化した」理由

それでも一眼レフに勝てない1つのこと
西田 宗千佳 プロフィール

失われたシャッターチャンスを「取り戻す」

決して目新しいものではないものの、Pixel 3やiPhone XSでいう「Computational Photography」は、画像に対する考え方が、さらに一段階、向上している。

ポイントは複数あるが、最も大きいのは「シャッター」に対する考え方だ。

カメラのシャッターを切るとき、我々は何を期待しているだろう?

もちろん、「シャッターを切った“その瞬間の光景”を記録すること」だ。フィルムを使うカメラはもちろん、ほとんどのデジカメにおいても、シャッターを切ることは、今まさに目にしているその瞬間の映像を記録する行為に他ならない。

だが、この数年で、そうした常識は通じなくなっていた。

たとえば、「スマイルシャッター」とよばれる機能がある。カメラの側が被写体の笑顔を認識すると、その瞬間を自動的に画像として記録するものだ。きわめて便利だが、「笑顔を認識している」ということは、カメラがすでに“映像の本質”をとらえているということだ。

人間が操作しているシャッターはもはや、我々が思う「一瞬を切りとる」機能は果たしておらず、ある種の“きっかけ”を提供しているにすぎないことがわかる。

Pixel 3が搭載した「Top Shot」は、スマイルシャッターの考え方をさらに推し進めたものだ。その機能は、下の動画を見ていただくのがわかりやすい。

何かで顔が隠れたり、目をつぶってしまったり、思わず変顔になってしまったシーンであっても、実際にシャッターを切ったよりも前の段階から「良いと思われるシーン」を見つけ出すことで、失ったはずのシャッターチャンスを取り戻す――。「良い」と思われるシーンの判定には、大量の写真から学習した結果、すなわちAIが使われている。

  Pixel 3の「Top Shot」解説ビデオ

シャッターが不要になる日

Pixelなどに使われているAIの開発を担当しているGoogleのBlaise Agüera y Arcas氏は、「将来的に、シャッターを切るという機能はなくなる可能性がある」と話す。映像をつねに記録していて、AIや人間が「良いシーン」をピックアップするようになるなら、たしかに、シャッターの意味は薄くなっていく。

さらに、冒頭で見せたような写真には、“別の秘密”も隠されている。

あれほどの表現力が生まれているのは、スマホ側が画像を「複数枚合成して写真をつくる」ことを前提にしているからなのだ。

たとえば冒頭の写真は、室内の奥側と屋外の両方がちゃんと写っていることが重要だ。このように明るさが大きく異なるシーンでは、明るい部分の光が多く入りすぎて「白く飛ぶ」ことが多い。被写体の状況にきちんと配慮した設定で撮影すれば対応可能だが、そこまでカメラを使いこなしている人は、そう多くない。

それがPixel 3やiPhone XSでは、「シャッターを一度切る」だけの動作でほぼ確実に行えるのだ。冒頭の写真の本質は、「どんなシーンであっても、ただシャッターを切るだけで、自分が実際に見ていたときの印象に近い映像が得られる」カメラになっている点にある。