Photo by iStock

全国民に批判されても、僕が「消費税を上げるべきだ」と叫ぶ理由

もう「自己責任社会」は終わりにしよう

「税を払いたくない」の根底にあるもの

税の話をすれば嫌われる。そんなことくらいはわかっている。僕だってわざわざ人から嫌われたくはない。いわんや財務省に気に入られているわけでも毛頭ない。

どうしても解せないから考えたいのだ。なぜ、税がとても高いことで知られる北欧の国ぐには、日本よりも経済成長率が高く、所得格差が小さく、社会への信頼度や幸福度が断然高いのだろうか。そんな素朴な疑問がどうしても頭からはなれなかった。

北欧諸国(スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェー)の平均値と日本の数値をくらべてみよう。

 

税と社会保険料をあわせた国民負担率は、北欧が59%、日本は43%、北欧のほうが断然、負担は大きい。だが2000年〜17年のGDP成長率を見ると、北欧が1.7%で日本は1%だ。

他者を信頼するかを尋ねると、北欧の人たちは73%が賛成するが、日本は34%にすぎない。幸福度にいたっては北欧が5位、日本は51位という有様だ。

税が高い社会が悪い社会というわけではけっしてないはずだ。それでも僕たちは税をひどく嫌う。いったいどうしてなのだろう。

「税」への反発の強さを見ると、その社会の姿が見えてくる。

頑張って稼いだお金を自分のためだけではなく、だれかのためにも払う、それが税だ。もちろん税は強制的に取られる。だけど、その根底に、同じ社会を生きる人たちと「痛みを分かち合おう」という気持ちがなければ成立しない仕組みであることも、事実だ。

反対にいえば、税の痛みがつよい社会とは、その社会を生きる人たちが「ともに生きる意志」を持てない社会だということになる。

Photo by gettyimages

日本は税の痛みが強い。中間層の税負担について尋ねると、北欧では32.3%の人たちが「あまりにも高い」「高い」と答える。これに対して日本では50.1%だ。北欧に比べて税が安いはずの僕たちのほうが、税に強い痛みを感じている。

ちなみに、貧しい人や、お金持ちの税負担について尋ねてみると、「あまりにも低い」「低い」と答えた人の割合も、明らかに日本の方が大きい。

内閣府による暮らしぶりを尋ねた調査を見てみると、驚くべきことに回答者の93%が「自分は中流だ」と答えている。大勢の人たちが「自分の税は高いけれど、自分以外の人たち(富裕層や貧困層)の税は安い」と考えていることになる。

もう一度いおう。税は「ともに生きる意志」をあらわす。でもこの国では、多くの納税者が「自分よりもまず、別のだれかから税を取れ」と考えている。なんとも悲しい話じゃないだろうか。