# 投資法

お金を貯め込む「奴隷」を卒業せよ!必要なのはリッチマインドだ

「紙幣」を「資産」に代える方法
ミアン・サミ プロフィール

「紙幣」を「資産」に代える

でも、多くの人たちが投資に踏み切れずに足踏みしています。

Photo by iStock

ここまで読んできたあなたも、ここは投資に動いたほうがよさそうだぞ、と頭ではわかったのに、どうしても動けないという気持ちでいるかもしれません。

ここで動くのはリッチマインドの人たちです。

持っている紙幣を「資産」という別のモノに代えていくのです。

みなさんは、年収3000万円にあこがれますか?

この質問で本当に聞きたいのは、

自由な時間と引き換えにした「収入」がいいですか?

自由な時間を作ってくれる「資産」がいいですか?

ということ。賢い投資家は、さらに、税優遇されている資産に投資します。

そこで利益を得ても、やり方次第で税金は少なくてすみます。政府は、投資家に投資してもらいたいものを税優遇にして、その情報を流しています。

投資家はそういう情報を入手し、それを利用するのです。

 

経営者はモノを売ったり問題解決をしたりして、ゼロからお金を作る。投資家は、今あるお金に働いてもらってお金を増やす。

お金持ちになるには、このどちらかしかありません。

紙幣をずっと抱え込んでいるお金持ちを、私は1人も知りません。

紙幣をそのままにしている人は、奴隷。

紙幣を、別の「資産」に代える人は、その奴隷を飼っている「主」。

とてもシンプルです。あなたは、どっちになりたいですか?

ただし、ここでまた残念なお知らせです。

この真実をすでに知っていた人も、この瞬間に知った人であったとしても、今までのあなたの行動を変えるのは不可能です。

残念ながら「知っている」だけでは行動は変わらないばかりか、今まで以上にその行動パターンは定着していくでしょう。

そして、あなたは奴隷のままです。