チコちゃんに叱られてしまうかも…!あなたにこの問題が解けますか

「あす」と「あした」は どう違う?
週刊現代 プロフィール

「なぜ胴上げをするの?」

チコちゃんが初めて投げかけた素朴な疑問は「人と別れるときに手を振るのは、なぜ?」だ。

理由は「相手の魂を引き寄せるから」。古代の日本では、服の袖には魂が宿ると信じられてきた。

それで、愛しい人と別れるときには手(袖)を振って、肉体は離れても相手の魂を引き寄せようとしていたというのだ。チーフ・プロデューサーの水高満氏はこう振り返る。

Photo by iStock

「子供の目線だと不思議に見えるけど、大人は当たり前にやってきたことです。もはや疑問にすら思わなくなっているということがよくわかる回で印象的でした。

番組の投稿を見ていても、子供のほうが素朴な質問が多いです。取り上げてはいませんが『なぜ髪の毛って伸びるの?』とか。彼らにしてみたら、髪の毛が伸び続けるって不思議だし、怖いことなんですね」

髪の毛ではないが、「おじいちゃんの眉毛が長いのはなぜ?」という問題を出す回もある。番組では元総理大臣の村山富市氏がVTRに登場、眉毛の長さは4㎝を超えていた。

その理由は、「抜けるのを忘れちゃうから」。通常、眉毛は1㎝程度まで伸びると自然と抜けるようになっている。ところが、細胞の老化が進むと、抜ける機能が衰え、伸び続けてしまうのだ。

 

『チコちゃん』に唸る教育関係者は多い。明治大学文学部教授の齋藤孝氏もその一人だ。

「身近なことなのにあらためて聞かれるとわからない、というポイントを上手く突いてきます。『ボーっと生きてんじゃねーよ!』というキメ台詞がまさにキマっていて、つい待ってしまう。

民放っぽくもありますが、内容はNHKらしく専門の学者にキチンと取材しています」

齋藤氏が印象的なエピソードとして挙げるのが「どうして胴上げをするの?」。この疑問には、民俗学的なアプローチで理由を説明している。

日本では古来、空中に物を投げるという行為は、悪いものを取り払うためにしていた。江戸時代には、すべての悪いものを取り払って新年を迎えるため、大晦日に胴上げをする習慣もあった。

それが、良いことがあった(興奮した)人から悪いものを取り除いて通常の状態にするための胴上げに変わっていくのだ。

「答えが『異常な状態の人をシラフに戻すため』というまとめ方も面白かったです。何をしてるか知らずに今まで胴上げしていたと思うと、ボーっと生きていたのかもしれません」(前出・齋藤氏)