# ネットビジネス # Facebook

「成功し続ける人」はフェイスブックに愚痴を書く人と距離を取る

「伸びる人」はこう見極める
パンダ 渡辺 プロフィール

まず相手に興味を持つこと

先ほども申し上げた通り、お金持ちになりたい、稼ぎたいと思っているあなたが知り合うべき人は、同じ方向を向いている人、つまりネットでお金を稼ごうと思っている人です。

Photo by iStock

最低でもその条件をクリアしていなければなりません。

フェイスブックだけでなく、何でもいいですが、何をするにしても、お金に興味のある人たちとつながらないといけません。

「お金より自分らしい生き方が大事だ」などと言っている人たちと一緒にいたところで、あなたはいつまでたってもお金持ちにはなれません。

では、お金を欲しいと思っている人、いい生活がしたい、と思っている人とつながるにはどうしたらよいのでしょうか。

僕は、お金を稼ぎたいなら個人的な趣味は捨てるべき、と思っています。しかし、出会いにおいては趣味に視点を置いてみることは、とても有効な方法です。

車の話がいい例です。お金持ちの人たちが好む車種について書かれたフェイスブックがあったとするなら、そこには知り合いになるべき人はたくさん存在すると考えることが出来ます。

たとえばクラウンのファンの集まりにはクラウンを買える人が集まりますし、レクサスのファンの集まりには、間違いなくお金持ちが集まっています。

 

逆に軽自動車の集まりには、どんなに楽しそうに見えても、軽自動車が買える層しか集まりません。

車以外にもお金持ちの視点や行動を調べ、想像することで、あなたと同じ方向を向いた未来の仲間の居場所を発見することが出来ます。

出会ってさらにつながっていくためには、まず相手に興味を持つことが必要です。すぐにつながろうとする必要はありません。

相手が自分にとってプラスとなる人であるとあなたが感じ興味を持ったら、普通に「今度のセミナー、一緒に行きませんか?」「どういうところで遊んでいるんですか」と相手のことを知るための質問をするのもいいでしょう。この辺は、恋愛と似ているかもしれません。

相手に興味を持たず、単にお金のためにその人とつながりを持ちたい、自分の損得のために一方的につながりを持ちたいというだけでは、関係を維持することは難しいと思います。

また、その人の発言に対して必ずコメントをしたり、必ず「いいね!」をすることも大事です。

何かをしていたら共感してあげる。それができて初めて、「どっかで食事しませんか!」と誘うこともできるようになります。

いきなり食事しませんか? では「何この人?」で終わってしまいます。

やはり何事も興味を持ったコミュニケーションが最初になくてはうまくいきません。ビジネスだけの話をする人が相手だと、ビジネスが終わったとたん、そこで関係も終わってしまいます。