# ネットビジネス # Facebook

「成功し続ける人」はフェイスブックに愚痴を書く人と距離を取る

「伸びる人」はこう見極める
パンダ 渡辺 プロフィール

「伸びる人」の見極め方

もう一つ、出会いにおいて大切なことがあります。それは伸びる人との出会いを意識することです。僕がブログでお金を稼ぎ始めた当時も、様々な出会いがあり、多くの人を見てきました。僕と同じようにお金をテーマにして伸びた人の中でも、その後消えていく人とさらに伸びていく人がいました。

Photo by iStock

絶対に気をつけなければならないのは、消えていく人と一緒にいると自分も消えてしまうということです。

反対に伸びていく人と一緒にいると、どんどん新しいことを始めるチャンスが舞い込んだり、新しい情報も入ってきます。

伸びていく人からの情報は、プラスになる内容しかないので、あなたもどんどん変わっていくことになります。

ですから、伸びる人を見破る目を、なるべく早く育ててほしいと思います。

伸びる人を見分けるための一つの目安は、その人がどんな発言をしているかを見ることです。

フェイスブックの書き込みでもプラスのことばかり言っている人であれば、伸びる人である可能性は大きいと思います。逆に人や出来事に対する悪口を並べていたり、悲観的な感想ばかり並べている人とは付き合わないほうが賢明でしょう。

 

たとえば「今日、車ぶつけられて、すっげー頭にきたよ、相手がこんなことやって、こんなふうで」、それに「そうですね、最悪な相手ですよね」と感想が書いてあるような記事。これだけでもわかります。

お金持ちになれない人はたいてい愚痴を書いているので。僕はその記事を書いた人も、感想を述べた人とも知り合いにはなりません。

「ぶつけられちゃったけど、保険会社にまかせて忘れるようにしました!」と書いてある人と付き合うようにしています。

昔、僕の周りにも悪口を言う人が多少は存在していました。しかしそんな人たちは、一時的に成功することはありましたが、次第に消えていきます。

僕は常に、上すぎる人でなく、同じ目標を持った同列の人たちと友達になるように意識してきました。ですから今僕の周りにいる人たちは、すべてプラスの発言、プラスの発想をする人たちばかりです。

それは、一緒にステージを上げ、そして成功し、今も周りにいる人たちです。