現金、クレカ、デビットカード、どれがおトク?「貯まる人」の結論

「家計のプロ」が決着をつける
横山 光昭 プロフィール

お勧めは「デビットカード」

また、海外旅行の代金は、手持ちのクレジットカードのなかでも海外旅行傷害保険がついているカードで支払うことをおすすめします。今大抵のクレジットカードでついてくるものとは思いますが、その保険を使うためには、そのクレジットカードで支払った旅行かどうか、という条件がついてくるケースがあります。

Photo by iStock

しかし、私個人は今でもクレジットカードはあまり使わず、基本的には現金払いを心がけています。というのも、クレジットカードは今使ったお金が引き落とされるまでにタイムラグがあるからです。

お金の流れがわからなくなって、お金が減っている感覚が薄れてしまうため、クレジットカードはすぐに使いすぎてしまいます。その点はデメリットと言えるでしょう。

クレジットカードだと管理が難しくなる人、またそれ以外の人にもおすすめしたいのは、デビットカードとプリペイド型カードです。

 

デビットカードはカードではありますが、銀行の預金口座で即時決済されるため、クレジットカードのように引き落としまでのタイムラグがありません。また、預金残高の範囲内でしか使えないため、現金感覚で使えるのがメリットと言えます。ポイントがつくデビットカードもあるため、現金よりお得です。

デビットカードの中には、VISAやJCBがついたものがあり、こちらであればクレジットカードと同じようにネットショッピングなどでも使えます。

デメリットを挙げるならば、一般的にポイント還元率がクレジットカードよりも低いことです。とはいえ、クレジットカードだと使いすぎてしまう人にとっては、非常に便利に使えるのがデビットカードと言えるでしょう。