Photo by iStock

現金、クレカ、デビットカード、どれがおトク?「貯まる人」の結論

「家計のプロ」が決着をつける
使うなら現金か、カードか? おトクなのは持ち家か、賃貸か? 終身保険と掛け捨て型の保険、どちらに入るべきか? そんな身近なお金の疑問に答えてくれるのが、『お金の損得大全』など、著書累計280万部の実績を誇る横山光昭氏だ。「家計再生コンサルト」の肩書を持つ氏は、できるだけクレジットカードを使わないようにしているそう。代わりに活用しているのが、「デビットカード」と「プリペイド型カード」だ。その活用術について教えてもらった。

家賃はクレジット払いで

私はクレジットカードの否定派、現金派と言われることがありますが、決してそうではありません。お得という面から考えると、同じ金額を支払うとポイントがつくクレジットカードと比較すると、現金払いにはメリットがないとさえ思います。

Photo by iStock

最近は、ネットショッピングなどに代表されるように、クレジットカードを使用しなければならない場面も増えてきたこともあります。日本は諸外国と比べるとカードが普及していないと言われることもありますが、現代では欠かせない支払いツールの1つとなっているのではないでしょうか。

クレジットカードのメリットはポイントがつくことです。後で商品・景品と引き換えることができますし、ポイントで買い物ができるカードもあります。

 

そのため、「クレジットカードと現金払いで支払額が変わらないもの」については、クレジットカードのほうがお得と言えます。生命保険料などはその代表的存在でしょう。家賃などもクレジット払いができることがありますので、不動産会社に問い合わせてみるのがおすすめです。

クレジットカード払いをすることで、割引になるものもあります。電気会社などによっても異なりますが、電気代なども割引されるのでお得です。

あまり知られていませんが、国民年金の保険料もクレジットカードで前納すると割引になります。割引率は前納期間によっても異なり、1年分前納すると、約1か月分くらいです。

前納による割引は口座振替にもあり、クレジットカードより割引率は高いですが、クレジットカードはプラスしてポイントもつくメリットがあります。