Photo by iStock
# 現物投資

「コイン投資の利点はわかった、でもどこで買うの?」にお答えします

偽物や粗悪品をつかまされない方法

コインに投資をする場合、いったいどのような方法があるのでしょうか。今回は、私がお勧めするコイン投資の方法についてお話ししたいと思います。

 

ネットでも購入できます

もっとも一般的なコインの買い方は、コイン商の店頭やネットで買うという方法ではないでしょうか。日本には昔から古銭収集という文化があり、今でも多くのコイン商があります。ただし、そのすべてが外国コインを積極的に取り扱っているわけではなく、彼らの得意分野は昔ながらの古銭に偏りがちです。

一方で、いち早く外国コインを扱い始めたコイン商もありました。なかでも東京にある「ダルマ」「ワールドコインズ・ジャパン」「銀座コイン」「泰星コイン」の4社は外国コインを積極的に取り扱っており、「日本のコイン商ビッグフォー」と呼んでいいでしょう。

これらのコイン商はいずれも40年程度以上のキャリアがあり、長い間コイン収集家に支持されてきました。日本の古銭も扱ってはいますが、外国のコインを豊富に在庫しており、私たちがコイン投資をする際に選択肢の一つになるでしょう。

上記ビッグフォーは店頭ばかりではなく、ネットでもコインを販売していますので、首都圏以外にお住まいの方も利用してみてはいかがでしょうか。

もちろん外国コインを扱っているお店なら、どこで買ってもよいというわけにはゆきません。上記の4社のように長い間コイン商を続けるためには、顧客との信頼関係が重要です。販売したコインにニセモノが混じるようなことは論外ですが、法外な価格で販売するようではいずれ顧客が離れます。

ですから長年にわたってコインの世界で残っているということ自体、そのお店が価格の面でも情報量という点でも、顧客から信頼され続けてきたことの証しといってよいでしょう。

残念なことではありますが、ここ数年のあいだにコイン業界に参入してきた新興コイン商の中には、相場をあおり法外な価格でコインを販売する業者がいくつかあります。いくら長期投資といっても、例えば相場の倍の価格で買ってしまうと、よほど長期間持ち続けなければコイン投資で儲けることなどできません。そのような業者に限って、あたかもコイン投資が短期で儲かるようなセールストークを展開することが多いので、注意しなくてはなりません。

Photo by iStock

オークションという選択肢もある

上記ビッグフォーのような信頼性の高いコイン商を利用する場合、法外な価格でコインを買ってしまうという心配はありませんが、それでもコイン商のマージンは必ず上乗せされています。一般にそのマージンがどの程度なのかについて、明確な数字を私は持っていませんが、それでも感覚的には30%~50%程度のマージンを乗せているように思います。先ほどご紹介した「あおり系コイン商」に至っては、仕入れ価格の2倍以上で販売するケースも見られます。

金融の世界では「源流に近いところで買え」という鉄則があります。例えば「外貨建て一時払い保険」という貯蓄型の保険がありますが、この商品の源流は、アメリカやオーストラリアなど先進国が発行する国債です。

生命保険会社は加入者からお金を集める一方で、このように外国政府などが発行する国債に投資することにより、両者の間に入って利ザヤを得るわけです。