遠い片想いの相手だったのに、手を伸ばせば肩に触れられる距離にまで近づいた、幸福な高校生活。

けれど、親友になれたことの代償もある。 
彼から、片思いしている女の子の相談をされるようになりました。 
そんな日がいつかやって来るような気はしていたのだけど。それが元々、男同士の友情のあるべき姿なのだし。

決して気持ちを打ち明けなかった

彼は親友として心を開いてくれているのに、僕は自分の恋心をひた隠しにして、彼の近くにいる。まるで偽りの友情で彼を騙しているような気がして、ひとり罪悪感に苛まれたりもしました。自分が望んでたどり着いた、彼との距離だったのにね。

こんなに苦しい日が続くのなら、いっそ告白して恋を終わらせようかと、何度も思いました。

けれど、僕が選んだのは、決して気持ちを打ち明けず、彼の隣にいることでした。

叶うだけが恋じゃない。付き合えるだけがすべてじゃない。

たとえ恋人になれなくても、確かに芽生えた自分の気持ちを噛み締めて、相手の幸せを近くで見守ることだって『恋』と呼べるのはないか、と思ったから。

高校2年生で別々のコースに分かれて、少しずつ疎遠になるまで、僕の初恋は、確かに彼に向けられていました。

答えは、決して1つじゃない。答えだったはずなのに、途中で間違いだったと気づくこともある。何が答えかなんて、本当は誰にもわからない。

恋ってのは、なんて難しいんだろう。