Photo by Jez Timms on Unsplash

誰でも必ずモノにできる「理系の英語」学習のために絶対必要なこと

物理学者が「英語」の本を書く理由
どんなに優れた研究や技術開発をしようとも、国際的に通用する「正確で明瞭な英語」で論文や報告書を書き、情報発信しなければ、絶対に評価されることはない──。
最速で確実にネイティブへ通じる英語が身につく名著『理系のための「実戦英語力」習得法』のプロローグを特別全文掲載する。理系なら必読、読みごたえ充分の特別企画!

理系英語=「歴史に遺る研究」を世界にアピールする道具

私は「英語の専門家」ではなく、半導体や結晶の物理を専門とする“理系の人間”として、アメリカで10年半生活した「英語の使用者」である。

この10年半のうちの3年半はアメリカ企業の研究所で研究員・研究マネージャーとして、7年は州立大学の教授として研究と教育に従事した。

この間、日本人同士の会話は別として、すべて英語を使って生活し、仕事をしてきたわけである。

ところで、一口に「英語」といっても「さまざまな国の英語」があるが、私が使ってきたのは、いわゆるアメリカ英語(American English)である。

話し言葉の場合、発音において「さまざまな国の英語」によっては顕著な差が現れるものの、少なくとも本書が扱う理系英語の書き言葉(文章語)においては、たとえばイギリス英語(BritishEnglish)とアメリカ英語の間で使用する単語や表現に多少の違いが見られることはあっても、大きな違いがあるわけではない。とはいえ、本書で述べる「英語」が「アメリカ英語(米語)」の意味であることを初めにお断りしておく。

余談ではあるが、2017年のノーベル文学賞を受賞した日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏のインタビューの美しいイギリス英語を拝聴して、アメリカで長年接し、私自身が使ってきたアメリカ英語との違いを、日本人としてあらためて実感したのは事実である。

俗ないい方をすれば、「イシグロさんの英語は品があって、カッコイイなあ」と
思ったのである。

もちろん、一口に「イギリス英語」「アメリカ英語」といっても、「日本語」がそうであるように、使い手によって千差万別ではあるが、一般的教養人が話す英語に限っていえば、私が「アメリカ英語よりイギリス英語のほうがずっと美しいなあ」と思う気持ちは否定できないし、私自身、イギリス英語に憧れているのも事実である。

しかし、こと理系英語の文章語においては、両者に気にするほどの違いはないので安心していただきたい。

さて、いうまでもないことであるが、日本からの「客人」としてではなく、アメリカでアメリカ社会の一員として生活する者にとって、英語はまさに必要最低限の「道
具」である。

渡米時、永住のつもりであった私にとってはなおさらであった。

永住権はもっていたもののアメリカ国籍をもたない私は、アメリカでは「外国人」ではあったが、英語は私にとって第二言語であっても外国語であることは許されなかっ
た。

また、自分の仕事の場や活躍の場をアメリカに限らず“世界”に求めるならば、国際言語である英語を使わざるを得ない。

私が渡米したのは35歳のときであったが、永住のつもりで渡米することになったのも、渡米してすぐに「客人」ではなくアメリカ企業の一員となり、研究者・研究マネージャーとして通用したのも、(自慢するわけではないが)事実としてその時点で、私の「英語力」が必要最低限のレベルは超えていたからである。

しかし、アメリカでの社会生活、仕事のための必須の「道具」として英語を使わなけ
ればならない以上、私は「その機能を高めよう」「いかにしてnative Englishに近づけるか」といろいろ考え、努力もした。

私が永住のつもりで渡米することになったのも、アメリカでの研究生活が実現したのも、私が研究論文をすべて英語で書いていたことに端を発する。

日本人の“謙譲の美徳”を考えればいいにくいことではあるが、正直に書かせていただければ、もし、私が英語で論文を書いていなかったら、そしてその論文が英語的にも
内容的にも「国際的 level」に達していなかったら、私の「アメリカでの生活」はなかったし、「現在の私」もなかったのである。

私には、アメリカを含む外国留学の経験はなく、渡米以前の英語力は日本で身につけたものである。私は本書で、日本人の私が、日本にいて、どのようにして、アメリカで生活・仕事をするうえでの必要最低限のレベルの英語力を身につけたのか、そして、その英語をアメリカ生活の中でどのように磨いていったのか、さらには、ノースカロライナ州立大学教授時代、中国からの留学生や日本からの客員研究員の英語力をいかに鍛えたのかを述べ、実的な英語力を身につけたいと考えている読者の参考にしていただきたいと思う。