Photo by iStock

男も惚れた中村勘三郎…「平成に亡くなったスター20人との思い出」

平尾誠二、阿久悠、西城秀樹ほか

平成の30年間に亡くなった著名人100人のなかで、強い印象を残したのは誰か? 本日発売の週刊現代では本誌読者に取材したうえで、編集部で会議を重ね、5つのテーマで厳選した。本記事では魅力に満ちあふれ、誰からも愛された「素敵だった20人」を掲載する。

男が惚れる男

彼が生きていれば……。亡くなって6年経っても、惜別の想いがまったく薄まっていないのが、18代目・中村勘三郎さんである。役者として脂の乗り切った57歳での死はあまりに早すぎた。

野田秀樹や串田和美などの現代劇の演出家と組んで、コクーン歌舞伎や平成中村座を立ち上げた。これは歌舞伎をもっと若者に観てもらいたいという思いから。その存在感は、歌舞伎はもちろん、テレビドラマや映画でも圧倒的だった。

「まさに男が惚れる男でした。現代劇のドラマや映画に出演しても、セリフの一言だけで格好いい。歌舞伎で培った芸が、多くを語らずとも滲み出てくる。そんな印象を受けましたね」(同志社女子大学メディア創造学科教授・影山貴彦氏)

多くの女性と浮き名を流したモテ男でもあった。桑田佳祐や明石家さんまと同学年。もし生きていれば、歌舞伎界はもっと面白くなっていた。

その勘三郎が20代のときに大恋愛した相手、女優の太地喜和子さんも魅力的な女性だった。

「心中を考えるぐらいでなければ恋とは言えないんじゃないか」
そんな名言を残した太地さんは、お酒と恋愛を楽しみ、舞台に自分の人生を賭けた。
「私はね、男でも女でもない、役者なんだぜ」

そこまで言い切る女優はなかなかいない。

俳優・藤田まことさんは職人だった。夫人が事業に失敗し、約30億円の借金を抱えた。だが、妻を責めることはなかった。それをおくびにも出さず、年中無休で仕事に明け暮れて、借金を返済した。

スポーツ界で、ダンディかつ粋な男と言えば、ラグビー元日本代表監督の平尾誠二さん。ラグビーW杯の日本開催が来年に迫っているが、大会が近付くほどに彼の不在を思い知らされる機会が増えていくだろう。

スポーツジャーナリストの二宮清純氏が言う。
「平尾さんは、バランス感覚に長けた合理的な方だったと思います。日本のスポーツ界には理不尽なこと、無意味なこともたくさんありますが、彼はそういう風潮を好まず、ラグビーを科学としてとらえていた。

しかもラグビーだけでなく日本のスポーツ界全体を見渡していた。教育の現場からスポーツを切り離し、幼少期から欧米のようにいろんなスポーツを体験する中で、子どもたちの個性を伸ばしていく環境を整えたいと語っていました。

本人は望まなかったでしょうが、スポーツ庁長官に適任の方でした」