〔photo〕iStock
# 貯蓄

なぜか簡単に1000万円「貯まる人」たちの、ある意外な共通点

貯まる人ほどあえて節約をしない

1000万円という額は、「とりあえずの貯蓄目標」として掲げる人が少なくありません。日々コツコツ節約しているだけではなかなか到達しない額ですが、意外なことに普通に生活をしている人が、ちょっとした工夫で貯めているのです。

1000万円貯められる人は、どういう生活を心がけているのでしょうか。

〔photo〕iStock

すぐに節約を頑張ろうとする人ほど「貯まらない」

まずは、貯まらない人がやりがちなことを見ていきましょう。

多くの人が陥りがちなのが、急激に支出を抑える無謀な節約です。これは長続きしないどころか、かえって支出が増えてしまうリスクすらあります。

最近、私のところに相談にこられたSさんのケースをご紹介します。Sさんは、30代前半の独身でメーカーに勤めています。年収は税込で600万円ほど。300万円の貯蓄は、すべて銀行口座に眠っています。

 

生活はどちらかというと地味で、週末に友人たちとサッカーをしたり、たまにキャンプに行ったりする程度です。それでもなかなか貯められないので、一念発起しました。

日々の生活を振り返ったところ、Sさんは一番無駄が多いと考えた食費をとことん削りました。朝はコーヒーとパンで済ませて、昼は食べませんでした。もともと、ランチをとると途端に睡魔に襲われるため、一石二鳥ということで昼抜きを実践。

ただ、同僚に誘われれば、ランチに出かけることもあります。夜は、自炊が基本で、たまに飲みに行くという感じで、そこではじめてまともな食事をとるので、ほぼ1日1食というペースでした。ダイエットにもなるので、「これはいい」と思っていました。

ところが、1カ月経つころからだんだんと疲れやすくなり、風邪をひきやすくなったといいます。

こうなると、体調が悪くなるだけでなく、ストレスもたまる一方です。なかには、こうした方法が合う人もいると思いますが、Sさんにはまったく合わない方法でした。