2018.11.27
# キャッシュレス

キャッシュレス化は不安…? 日本人の「本音調査」でわかったこと

じつは30~40代ほど後ろ向きだった
マネー現代編集部 プロフィール

キャッシュレス化のメリットは「ポイントが貯まる」

逆に、キャッシュレス化で良くなると感じているのはどういうところなのか。

その結果をまとめたのが以下の表である。

つまり、日本人はキャッシュレス化の最大のメリットを「ポイントが貯まる」というところに感じているということが一目でわかる。

確かに人気のキャッシュレスサービスであるスマホ決済『LINE Pay』やウォレットアプリ『Kyash』などは、高還元率でのポイントやキャッシュバックで知られており、それが魅力となって集客できていることがうかがえる。

ちなみに本調査での「お店のポイントカードをアプリ化したことはあるか」との質問には、じつに半数以上が「ある」と回答しており、ここでもキャッシュレス化の「ポイント重視志向」が見て取れる。

本調査の結果を受けて、前出の安田氏は言う。

「つまるところ、日本では現金に対する信頼が揺らいでるわけではないということでしょう。国土が広く現金を運ぶのが大変だったアメリカ、偽札が多く流通し現金取引にリスクがある中国などとはキャッシュレス化が進む動機が異なり、ポイントやキャッシュバックなど、プラスアルファの『お得感』がなければ、これ以上のキャッシュレス化は難しいかもしれない……ということが改めて浮き彫りになったかたちです」

意外な日本人の「本音」がわかったキャッシュレス調査(調査結果の詳細はhttps://smartsoundlab.com/2018/11/000044.html)

日本政府は2025年までにキャッシュレス比率を現在の2倍まで高めると鼻息荒いが、ここからはしっかりと国民の実情にあったキャッシュレス化を進めていくことが重要になってくるのだろう。

 
Smart Sound Lab(スマートサウンド・ラボ):株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーで近接通信技術開発に関わるメンバーが設立した研究所。主に音による近接通信に関連した技術トピックについての情報収集とその分析・研究を行うことを通して、音通信技術についての理解促進や、同技術を用いたこれまでにない利用方法などについての議論を活性化することを目的としている。また、音による近接通信と関連するものとしてスマートフォンなどにおける近接通信技術全般や、モバイルセキュリティー技術、電子決済といったトピックについても取り扱い、今日、ひいてはこれからのモバイルソリューションについての理解・展望をひろく共有することをめざしている。
SPONSORED