Photo by iStock

「密約」はあったのか? 桑田と清原「涙のドラフト会議」を語ろう

「プロ野球最大のミステリー」の真実

二人の高校球児の進路に日本中の視線が注がれていたあの日。水面下では、会議が始まる直前まで、大人たちの虚々実々の駆け引きが繰り広げられていた。

1985年のドラフト会議
11月20日、飯田橋のホテルグランドパレスで開催された。KK以外の1位にも有名選手が多く、中山裕章(大洋)、伊東昭光(ヤクルト)、長冨浩志(広島)、広瀬哲朗(日ハム)、遠山奬志(阪神)らがいた。

「ウソつきやがった」

坂井 桑田真澄と清原和博を巡る因縁のドラフトから、もう33年が経つのか。古いことはもう忘れてしまったと言いたいところだけど、さすがに「空白の一日」と「KKドラフト」だけは特別です。

城島 甲子園の「戦後最多勝(20勝)投手」と、「歴代最多本塁打(13本)打者」。それが同じPL学園の同級生で、大親友というドラマ性も抜群でした。

あの当時、僕は彼らと同世代の19歳でしたが、マスコミ各社が桑田の乗った車を空撮するためにヘリコプターまで飛ばしていたのを憶えています。

巨人の王貞治監督から「欲しい選手」と名指しされ、相思相愛で指名間違いなしと言われていた清原と、早大進学を公言していた桑田。世間の多くは、二人がその通りの道を歩むと思っていました。ところがドラフト会議の席上で事件が起きる。

得津 僕はロッテのスカウトとして、あの会場で円卓を囲んでいました。セ・リーグから始まり、阪神、広島、ときていよいよ3位の巨人の順番。

「第1回希望選択選手、読売、桑田真澄17歳投手。PL学園高校……」。パンチョ伊東さんのハリのある声が響き渡った瞬間、会場が一瞬シーンと静まり返りました。そして一転ざわめいた。

「あ、ウソつきやがった」と、巨人のスカウト・伊藤菊雄さんのほうを見たのを憶えています(笑)。

キクさんはその後の休憩時間にも「参った、これは参った」と大げさに頭をかきながらウロウロしていたけれど、心の中では「よく言うよ」と思っていました。

 

坂井 結局、桑田を指名したのは巨人だけ。単独で交渉権を獲得しました。かたや、清原には私が球団代表を務める西武を筆頭に6球団が競合。抽選になって、ウチの管理部長だった「球界の寝業師」根本陸夫さんが当たりクジを引き当てた。

城島 会議後、会見で涙をボロボロとこぼしながら語った清原に、世間の同情が集まります。それと同時に、桑田の「早大進学宣言」は他チームの指名を回避させるための目くらましで、巨人との間に「密約」があったのではないかと批判が殺到した。

「意中の球団に騙された悲劇のヒーロー」と「ダーティーなエース」。二人にずっとついてまわるイメージが、あそこで決定づけられました。