Photo by iStock
# 自己啓発 # お金持ち

テレビは「2倍速」で見ろ!資産2億円元自衛官の「倍速インプット」術

日常に潜む「ムダ」を徹底追放
高校卒業後、海上自衛隊で28年間勤務。その間、1分1秒もムダにしない精神で「資産2億円」を築き、46歳でアーリーリタイアを果たした男がいる。『高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法』の著者、生方正氏だ。生方氏は、億万長者になりたければ「時間の節約」を心がけるべきだと強調する。とくに情報のインプットは「倍速」が基本だそう。そんな氏が実践してきた「時短法」について、教えてもらった。

歯ブラシは「電動」がいい

私が実践している、時間節約術の一部を紹介します。

Photo by iStock

・お風呂では体を洗った後に泡を流さないで、続けて頭を洗い、洗い終わったあとに一気に洗い流す。

・歯ブラシは、電動を使用することで、短い時間できれいに磨く&電動歯ブラシのヘッドの持ちが1か月以上と長いので、ブラシ交換する手間を減らす。

・ヒゲが濃いので、エステで永久脱毛。もしくは、低価格で受けられる、体験脱毛を利用してヒゲを薄くしておく。

・スーパーなどのレジ待ち、トイレの順番待ちなど、わずかな待ち時間はメールやSNSの確認時間と捉えて、帰宅後にやらなければならないことを一つでも片づける。

・郵便受けに入っている、不必要なチラシ等は、リサイクルボックスなどに仕分けして、机まで持ち込まない。郵便物はただちに開封して、必要な処置をする。

・受け取れなかったゆうパックや速達などは、急を要する物以外、再配達してもらうことで、取りにいく手間やガソリン代を節約する。

・購読しないメルマガは配信を解除し、不要メールを削除する手間を省く。

・鍵や財布など、持ち物はすべて所定の場所に置く。

 

これらのことが習慣化できると、日々の行動も変わってきます。バイクを降りて、家の鍵を取り出し、一発で差し込める向きに持って開錠。照明をつけて、玄関でクルリとまわって靴を揃えながら部屋に入り、ポケットの中の鍵や財布を定位置に戻す。

その後、洗面所でうがい、手洗い、洗顔。リビングのパソコンのスイッチをONにしたら、ドリンクを入れに台所に。お気に入りのカップを持って、パソコンの前に戻ったらログイン。

といったように、毎日行っている工程は、効率のよい流れを作り、その流れをルーティン化することで、無駄な時間が減ってくるのです。

これらの時間の節約は、単体でやっても数秒~数分かもしれません。しかし、複数の技と組み合わせて、長年続けることで大きな時間を節約することができます。

1分1秒でも無駄にしない。自衛隊生活で、時間管理の大切さと手帳を書くことのメリットを学んだことで、身につけた時間節約術です。