〔PHOTO〕iStock

世界の潮流がケベックから見えてくる〜ナショナリズムはこう変わった

新政権は教員のスカーフ着用を禁じるか

カナダ・ケベックに見る世界の潮流

メープルシロップとセリーヌ・ディオン。カナダのケベック州と言っても、日本人の多くには縁遠く、このくらいのイメージしか湧いてこないかもしれない。

だが、北米にあってフランス語を唯一の公用語とするこのユニークな社会では、現代世界の潮流を映し出すような興味深い事態が進行中である。

2018年10月。政治の舞台で大きな変化が起きた。

州議会選挙でフランソワ・ルゴー党首率いる「ケベック未来連合」(CAQ)が単独過半数を獲得する地滑り的な大勝利を収め、初めて政権の座についたのである。これは、ケベック現代政治史のこれまでの前提を突き崩す出来事である。

フランソワ・ルゴー〔PHOTO〕gettyimages

ケベック州首相に就任したフランソワ・ルゴーは、移民受入を20%削減し、ムスリム女性の教員が着用するスカーフを禁じる法律を制定しようとしている。現代世界には、自国優先の保護主義的な経済政策を唱え、他者の宗教に規制を加えようとする政治指導者が珍しくない。「閉じたナショナリズム」を体現するポピュリスト。そんなイメージが、ルゴーにも当てはまるところがある。

CAQの政権獲得は、ケベック現代政治史においてどう位置づけられるのだろうか。教員のスカーフを禁じようとするルゴーは、どのように議論を正当化しているのだろうか。そのような政策を、ケベック人は歓迎しているのだろうか。

今ケベックで起きていること、この先の争点になると予想されること。現代史を振り返りながら、これを半世紀のスパン、あるいはここ10年来のスパンで考えてみたい。

 

50年来の二大政党制とナショナリズムの変質

今から50年前の1968年、「ケベック党」(PQ)が結成された。この政党と「ケベック自由党」(PLQ)との二大政党制が、長いあいだ現代ケベックの政治の舞台を枠づけてきた。

どちらが「右」で、どちらが「左」なのかは、少し入り組んでいる。カナダ連邦との関係に注目するか、ケベックの内部事情に注目するかで、見え方が変わってくるからだ。

ケベックのマジョリティであるフランス系カナダ人は、英系カナダに対して経済的また政治的に劣位に置かれてきた歴史を背負っている。1960年代に「静かな革命」と呼ばれる近代化を遂げると、経済的また政治的な自信をつけた。

そのような機運のなかで結党されたPQはカナダからの独立を目指すナショナリスト政党、対するPLQは連邦政府との協調を重んじる。他方、ケベック社会の統合と結束を重視するPQに比べると、個人の人権に基づく多様性の承認は相対的にPLQが引き受ける役回りになる。

つまり、連邦政府との関係に注目すると、「PQ=革新左派、PLQ=保守右派」という位置関係になる。ところが、ケベックの内部事情に注目すると、「PQ=ナショナル右派、PLQ=リベラル左派」という位置関係になる。

ケベック現代政治史のハイライトは、PQ政権下の1980年と1995年、カナダからの独立を賭けた2回の州民投票である。いずれも否決されたが、2回目は僅差だった。そのうち3回目の州民投票があると思われていたが、近年では独立運動はすっかり下火になっている。

そうしたなかでナショナリズムが変質している。ケベックはもともとナショナリズムの強い地域だ。社会のマジョリティであるフランス語話者には、自分たちはカナダおよび北米のマイノリティで、ネーションとしての一体性が崩れると自分たちの社会の存続が脅かされるという危機意識がある。

ケベック・ナショナリズムの宿敵と言えば、従来は英系カナダであった。しかし、2000年頃から、一部のナショナリストの不満が、異質な文化の担い手と目される移民系の宗教的マイノリティに向かう風潮が出てきたのである。