photo by istock

子供をスマホゲー依存から守るために、親に伝えたい3つのアドバイス

息子がゲーム依存症になってしまった⑥

「ゲーム依存症」、あるいは「ゲーム障害」とは、日常生活が破綻するほど、持続的、反復的にゲームにのめり込んでしまうことを指す。今年6月18日、WHO(世界保健機構)は、この「ゲーム依存症」を精神疾患として正式に認定した。

今世紀に入ってから、人間の生活を劇的に便利にしたスマホ——その中に潜んでいた悪魔に一人息子を虜にされてしまったライターが、あまりにこの疾患にたいして無防備な日本社会に警鐘を鳴らすため、現在進行形で続く「ゲーム依存症」との戦いをレポートする。

昨年、大学合格と同時にどっぷりスマホゲームにはまってしまった息子。散々な成績で1年を終え、今年はとうとう、後期からは大学を休学することになってしまった。彼ら家族のゲーム依存症との戦いは、試行錯誤を重ねながらいまだ続いている。出口の見えない戦いのなかで、彼らはどんな教訓を得たのだろうか。

(第一回はこちらから→https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57378

 

親だけでも専門医にかかったほうがいい

大学1年の前期をスマホゲーム漬けで過ごした息子の成績は散々なものだった。ろくに授業に出ず、レポートの提出や試験勉強もほとんどしなかったのだから当たり前だ。

夏休み中に学生は試験の結果をウェブで確認できるシステムになっていた。それを見てさすがにマズイと思ったらしい。息子は依存症の専門病院へ行くと言った。

実は、その前から私は、専門医のところに通い始めていた。

スマホゲームへの課金をめぐって殴られたときの息子の様子を見て、「ひどく異常なことが起きている」と感じたのが動機だった。しかし、依存症の患者には、「否認」といって依存を否定する傾向がある。いきなり医者へ行こうと言っても拒絶される場合がほとんどだ。そのため、まずは心配になった家族が受診するケースが多い。息子も前期の間は水を向けてみても「なんで?」と返すだけだった。

家族が先に受診すると、まずは患者本人を病院に連れてくることがいちばんの目標になる。患者が子どもなら、ごほうびで釣ったり、半ば無理矢理だったり、「家族の会」でもさまざまな体験談が話題になる。入学と同時にスマホゲームにはまった息子の場合は、成績という目に見える問題がはじめて露呈したことが大きかったのだろう。
 
しかし、結論から言うと、息子の治療はうまくいっているとは言い難い。息子が受診したのは数回だけで、いまは本人は通わず、私だけが通院している。その一方で、息子は朝起きてから夜寝るまで片時もスマホを手放さずスマホゲームをやり続けている。

夏休みに医者に足を運んでからも、息子はずっとスマホゲーム漬けだった。後期もうまくいくはずはなく、息子は途中で軽いうつになった。依存症の2次障害でうつになるのは珍しくないらしい。そのときは息子が依存症の医師にかかるのを嫌がったので、別の病院でうつと診断され、薬も飲み始めた。

ほどなくしてなんとか持ち直し、2年から心機一転、大学を仕切り直す決意をしたものの、やはりダメだった。結局、2年の前期に休学の手続きをし、いまは仕事につくことを視野に動き始めたところだ。
 
問題が起きてもゲームを止められないのは、まさしく依存症の典型的な症状だが、息子としては、これまでゲームをやり続けてきたのは、大学が合わなかったせいだと思っているフシがある。

大学入学からの経緯を眺めてみると、確かにそういう一面もないとは言えない。受験勉強をがんばり、夢と希望を胸に抱いて大学に入ってみたものの、そこは自分が思っていたような場所ではなかったという違和感はずっとあったようだ。

息子の外での様子はわからないから、大学に通うために息子がどれだけがんばったのかは私にはわからない。スマホが原因で大学がうまくいかなかったのか、あるいは、大学がうまくいかなかったからスマホにのめり込んだのか。いずれにしろ、挫折を受け入れたことは悪くない傾向だと思っている。

大学を出るだけが進路ではないと、息子には受験の前から言ってきた。この機会にあらためて自分を見つめ直し、ゲーム以上にやる気になれる道を見つけてくれればいいと願うばかりだ。

そんな事情もあって、息子はほとんど医師にかからずいまに至っている。それでも、親だけが医師にかかることが無駄だとは思っていない。もしも私が通院していなかったら、状況はもっとずっと悪くなっていたと断言できる。きっと、子どもとろくに話ができず、家族の雰囲気は最悪になり、かといって誰も助けてくれず、どこにも出口の見えない辛い日々を耐え忍ぶだけだったのではないだろうか。

実際のところ、「家族の会」に通い始めたばかりの親御さんには、離婚を含めて、実質的に家庭が崩壊しているなど、苦しくて仕方がなくなって、医者の下を訪れる人が少なくない。そういう親御さんとって、「家族の会」は救いの場にもなる。苦しいのは自分たちだけではないとわかるからだ。

私がいまこんなふうに息子の話を書いていられるのも、通院して自分たちの状況を冷静に見られるようになったおかげである。