なぜNHK「まんぷく」は、安藤百福の“台湾ルーツ”を隠したのか

好調ドラマが描かなかった物語
野嶋 剛 プロフィール

呉家の間では、安藤百福は神秘的な存在で、複雑な思いを抱く存在だという。呉氏が共同所有する「六脚郷更寮村」にはいまも安藤名義分の土地もあるという。呉仁健さんは安藤と故郷との関係を、こんな風に語った。

「日本で大成功を収めていることは知っています。故郷の誇りという気持ちもあります。ただ、彼は私の知る限り一度も故郷に戻らず、呉家との縁も切っています。彼は若い頃、嘉義で衣類を売る事業を失敗していたそうです。それで台北に行ったと聞いています。もしかすると嘉義にいい思い出がなかったのかもしれません。そのことも故郷と距離を置いた理由のように思います」

安藤旧家があった場所

華僑の間には「故郷に錦を飾る」ということが一つの成功者のモラルとなっている。それは自分を育て支えてくれた故郷に恩返しをする、という考えに基づくのだが、故郷愛がなかったかどうかはわからないが、事実だけをみれば、安藤がこうした行動をとった形跡は嘉義には残されていなかった。

日清食品のホームページで安藤の経歴を解説する「安藤百福クロニクル」でも台湾出身であることは完全に伏せられている。

日清食品の関係者に、安藤の国籍に関して質問したことがあるが、「安藤氏はほとんど日本人だったと聞いています」という答えだった。しかし、少なくとも成人する前のほとんどの時間を台湾で過ごし、その後も台湾で家族を持っていた安藤は、台湾人のアイデンティティを強く持っていたはずで、本人の意思で意識的に台湾との縁を切ろうとしていた可能性が高いように思える。

 

チキンラーメンが理由…?

では、どうして安藤側は台湾との関係を強調しなくなったのか。

安藤については、日本の台湾華僑社会で評判が芳しくないことは確かだ。それは、安藤がチキンラーメンの販売で成功する前に、華僑との間で金銭的なトラブルがあったと指摘する華僑もいる。彼が経営者を務めて倒産した信用組合の問題が絡んでいるとも言われるが、古い時代のことなので検証は難しい。

ただ、安藤はチキンラーメンの発売後、台湾との関わりをほとんど語らなくなり、華僑社会との人間関係も失われていったと言われる。

もう一つ考えられるのは、チキンラーメンの「発明」と台湾との関わりに議論が及ぶことを避けようとしていた可能性がある。