年間2万4000杯を売り上げた「ビールの売り子の驚きの営業術」

プロ野球場の金字塔を打ち立てた

15分の3

大学時代にプロ野球場で生ビール年間2万4000杯を売り上げる販売記録を打ち立て、そのキュートなルックスから“可愛い過ぎるビールの売り子”として球場の人気者となったほのかさん。

現在はモデル・タレントに転身。もちろん、彼女のナンバーワン売り子としての実力は、“可愛さ”だけで打ち立てられたものではないはず。そこで、ビール販売の記録を打ち立てたセールスマーケティングの真髄を学ぶべく、ほのかさんを直撃! 

そもそもほのかさんがビールの売り子になりたいと思ったのは、テレビで“美人すぎる売り子”、おのののかさんを知ったことがきっかけだそうだ。

「ちょっと変わった接客業をしてみたいな、と思っていたタイミングで、これだ! と」とほのかさんは言う。

このアルバイトを得るためには“オーディション”を通過する必要があったとか。このとき、150人の応募から合格したのは30人というから、なかなかの高倍率だ。

合格者には、爽やか系やセクシー系、ヤンキー系、体育会系…と、さまざまなタイプが揃っていたというから、その基準は必ずしも見た目の“可愛さ”ではなかったようだ。面接では、運動やバイトの経験、体力、人付き合いについて聞かれたという。

 

売上の仕組み

ほのかさんがアルバイトをしていた野球場では、ビールの売り子の労働時間は、試合開始から7回裏までか、ナイターの場合は21時まで。売り子それぞれの販売数は、終了後にバックヤードでお金とカップの数を照らし合わせることから導き出していたという。

「風でお金やカップが飛んでしまうこともあるんですが、カップの数とお金がズレていると、カップ1個700円がバイト代から引かれてしまう。カップは命! と失くさないように必死でしたね(笑)」(ほのかさん。以下、「」同)

アルバイト料は、基本給2600円にビールを売り上げが1杯30円で加算される形。ただし、360杯を売り上げると、1杯50円に変わる。つまり、360杯を達成すると、その日の収入は2万600円以上となる。

日本野球機構によると、ほのかさんがバイトを経験した2016年の平均試合時間は、3時間17分。3時間で2万円以上とは、確かにバイトとしておいしい。といっても、タンクは1個でビール16杯分なので、最低23回は取り替えなくてはならない。満杯のビールタンクは約12〜16kgだから、かなりの体力仕事だ。

ちなみに、売り上げ順1位から7位までは次の試合で自身の順位を示した腕章を与えられる。ほのかさんはこれを励みに、この年はほとんどの試合で働いたそうだ。