〔photo〕iStock
# 金持ち # 投資信託

一般人は知らない!お金持ちが銀行で買っている「スゴイ商品」の中身

働かずに生活できるほどの利回り
世の中にはお金持ちだけに開かれた「知られざるマネーの世界」がある。じつはわれわれに馴染みのある銀行にしても、お金持ちだけを相手に特別な商品を販売していることをご存じだろうか。一部の金持ちだけが利用できる銀行のプレミアサービスを用意されていて、そこでは信じられない利回りの金融商品が扱われているのだ。しかも、舞台は日本ではなくてシンガポール。一般人には決してうかがいしれない金持ちの世界を、シンガポール在住のファイナンシャル・プランナーの花輪陽子氏が紹介する。

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。アジアの金融センターと言われ、世界中から富裕層が集まっているシンガポール。富裕層の投資動向を調査分析するウェルスインサイト社によると、2020年までにシンガポールはスイスを抜いて、世界最大のオフショア金融センター(※外国人に対して税金を優遇している国・地域)になると予測しているほどです。そんなシンガポールを舞台に、お金持ちの日本人たちが行っている知られざる資産運用の中身をお伝えしましょう。

〔photo〕iStock
 

資産1億6000万円以上の人だけに許されるサービス

シンガポールでは資産レベルに合わせて、銀行のプレミアサービスやプライベートバンクサービスなどがあります。

口座開設の基準は各金融機関によって異なりますが、プレミアムは金融機関によっては2000万円前後から、その上のプライベートバンクは1億円を超える場合が一般です。

また、プライベートバンクやヘッジファンドを利用するには、シンガポールのルールで適格投資家の年収や資産レベルの基準を満たす必要があります。

その基準は一般人からすると気の遠くなるような額ですが、純個人資産が200万シンガポールドル=約1億6000万円を超えている、もしくは年収30万シンガポール以上=約2400万円以上というものとなっています。