photo by gettyimages

「ぼくって発達障害?」と子どもに聞かれたら、どうこたえますか

"障害"にしない・させない支援・対応

発達障害のとらえ方がいま、変わりつつあります。

発達障害の子どもの対応は、ADHD、ASD、LDなどの診断にそって対応することが一般的で、それらの入門書も数多く出されています。しかし、信州大学医学部教授の本田秀夫医師は、対応するためにまず大切なことは、発達障害の全体像というものを理解し、それに加えて個々の特性へと理解を広げていくことだと言います。

「全体像」とはどういうものか? なぜ理解する必要があるのか? 本田医師が監修した『発達障害がよくわかる本』から見てみたいと思います。親御さん、先生はもちろん、発達障害の子どもたちに関わりうるすべての大人は必読です!

そもそも発達障害ってなに?

子どもには、特有の性質があります。それを特性といいます。背の高さや利き腕と同じようなものです。

ですが、子どもの発達過程において、特性によって生活に支障が出た場合には、障害が起きているといえ、そのような状態を発達障害といいます。

特性があっても生活面での支障がなければ、障害があるとは考えません。支障があるかどうかがポイントになります。

発達障害の子どもは、その名称のせいか、発達の「病気」や「遅れ」と認識されがちです。どこかの段階で病気にかかり、正常に発達しなくなったわけではありません。

発達障害の原因となる特性は、生活に支障が生じていなければ、その人の特徴であり、個性といえるでしょう。

認知特性と行動特性

そうした特性で生活上の支障となって現れやすいものには、「認知特性」と「行動特性」があります。

「認知特性」は、見方や聞き方、感じ方など、ものごとの認知の仕方にほかの子との違いがあるという特性です。記憶の強さや仕方が違う子もいます。

「行動特性」は、話し方や学び方、体の動かし方など、行動の仕方にほかの子との違いがあり、それらを調整することも難しい、という特性です。

【写真】行動特性は体の動かし方に特性がある
  見方や聞き方、感じ方などにほかの子との違いがある「認知特性」のほかに、体の動かし方などの行動の仕方にほかの子との違いがある「行動特性」がある photo by gettyimages

発達障害の子どもでは、こうした特性が総合的に「対人関係が苦手」「落ち着きがない」などといった形で、生活面に現れているのです。

特性に合った対応をしていれば、生活上の支障というほどの問題は起こりません。しかし、特性に合わない対応をしていると、生活上の支障が出てしまい「発達障害」と診断されるのです。

こうした特性の現れかたで、発達障害はいくつかのタイプに分けられます。