NHK『バラエティー生活笑百科』公式サイトより

土曜昼の衝撃! NHK「バラエティ生活笑百科」の全然笑えない中身

ホモネタにアジア愛人ネタも…

3、4年ぶりだろうか。土曜の昼間に家にいて、朝に見逃した「まんぷく」を見ようとNHKにチャンネルを合わせた。

飛び込んで来たのは「四角い仁鶴がまぁるくおさめまっせ〜」との言葉と「バラエティ生活笑百科」(以下、笑百科)のタイトル映像だ。

「笑百科」は身近な法律トラブルを漫才師たちが自分のプライベートをちりばめながら、漫才にしていく。それに対して「相談員」が面白く解決策を出した上で「訴えられる」「訴えられない」等の見解を示し、最終的に弁護士が相談内容を簡潔に対して答えを出す、という、土曜日昼の人気番組である。

バブル景気が到来する前年1985年に始まった同番組は、初代室長を西川きよしが務めたものの翌年の参議院出馬で降板、二代目の笑福亭仁鶴で人気は不動となり、初回から28年半「相談員」を務めた上沼恵美子の「大阪城に住んでいる」「琵琶湖はうちの池」といった発言や、オール阪神・巨人他多才なレギュラー陣の巧みな話術も魅力となり、現在まで33年間続く人気長寿番組となっている。「行列のできる法律相談所」等法律相談番組のさきがけともなったことは有名である。

2017年からは高齢となった仁鶴の代役を桂南光が担当しているが、2018年11月3日の回は一つ目の相談が「女と男」(注:コンビ名)の漫才で「返しすぎた借金」、二つ目は中田カウス・ボタンの漫才「家賃の減額」だった(http://www.nhk.or.jp/shouhyakka-blog/308443.html)。

 

「不細工ネタ」は誰のため?

パソコンを叩きながら、耳だけを流れるテレビ番組に合わせていたので、一つ目の相談「女と男」の漫才は最初そう真剣に聞いていなかった。ただ、女性芸人が登場する時にありがちな「不細工ネタ」をまたやっているな、というくらいだった。私にはどこが面白いのかわからないし、不快に思う人もいるのではないだろうか、とも。

漫才師たちに対して「笑百科」は過酷なオーダーを出す。

まず、相談をストーリー仕立てにして、わかりやすく説明しなければならない。加えて「笑わせ」なければならないのだ。それはかなり難しい。法律相談になる内容は基本的には「争いごと」だ。笑える要素は少ないのだ。

それでは番組は成り立たない。笑いを起こすために手っ取り早いのは「自虐ネタ」なのだろう。

普段テレビを観ないので「女と男」を観るのも初めてだったが、中堅どころの漫才師でもそこに逃げ込まなければならないのは、きわめて厳しい世界だ。そもそもこのスクリプトは彼らが書いたものではないのだろう。

本当はもっと笑わせられる技術はあるのかもしれないが、視聴層である年代が慣れた「笑いのツボ」を考えれば、容姿や「もてるもてない」ネタで笑いをとっていくのは「無難」なことなのかもしれない。

顔を上げて、テレビ画面を見ると会場の人々の顔が映る。そう笑っていない。テレビの視聴者も重ねられた効果音につられているだけかもしれない。

そうなると、一体誰のための「ネタ」で「笑い」なんだろうか。