月収300万円稼ぐならフェイスブックの友達を「5000人」作れ

まずは手当たり次第でいい
パンダ 渡辺 プロフィール

5000人になったら何が起きる?

友達を解除して、人数が減った分は、またこれまでやっていた通り、友達申請をしていくことで増やしていきます。

Photo by iStock

ただ、5000人規模になってくると、友達申請が逆にくるようにもなりますので、それを承認するだけで、減った分の人数を増やしていくこともできるようになっているはずです。

これを繰り返すことで、5000人の質をどんどん向上させていきます。

面倒くさがらずに、フェイスブックの友達5000人は自分の財産だと思って、大切に考えほしいと思います。

友達を増やし、ファンをつくればつくるほど、アンチも増えてきます。この辺りは芸能人と一緒で、致し方ないことです。

では、アンチへの対処をどうするかというと、「相手にしない」、これに尽きます。なぜなら、アンチの人たちは自分に対して何の影響もない人たちだからです。

 

あなたが強烈な個性を持って、ファンを増やすと、その反動としてアンチも多くなってきます。そのアンチの相手をするなどは時間の無駄でしかないので、他の人たちとのコミュニティーを大切にすることに時間を使ったほうがずっといいと考えましょう。

一方で、友達が5000人に増えたときの拡散力を考えてみてください。

5000人のうち、1割の500人があなたのファンでその人たちがあなたの情報をシェアしたとしましょう。その500人の先にはさらに多数の友達が存在していて、仮にそれが各50人だとしても、2万5000人。もしファンが1000人だとしたら5万人に情報が拡散されていきます。5000人の内のファンを増やすとはそのようなことなのです。

単にあなたの友達が5000人で留まるのではなく、その質を上げることで、友達の一人ひとりがさらに大なり小なり情報を伝達していく。5000人の質のいい友達に情報を発信することとは、言ってみれば、日本中にある大小の通信社に情報を提供しているような、素晴らしい情報伝達方法を持つということなのです。