月収300万円稼ぐならフェイスブックの友達を「5000人」作れ

まずは手当たり次第でいい
パンダ 渡辺 プロフィール

「友達解除」で質を上げていく

あらゆるものを試すと、ダメなものがいくつも見えてきます。

Photo by iStock

文章が書けないのだったら文章を書く練習をすればいい。

よい写真が撮れないのだったら撮る練習をすればいい。

億万長者になれるのだったらいくらでも練習ができるはずです。

このように言われても5000人はやっぱりと思う人も多いはずです。そのような人のために、友達が5000人いることの素晴らしさと、それがどのくらい大変な価値を持っているかをここでお話ししておきましょう。

たとえばもし、あなたのフェイスブックの友達が5000人いて、何かを投稿すると「いいね!」が数百、書き込みが200や300件つくようなことになっているとしたら……。あくまでこれは僕の感覚ですが、僕はそのフェイスブックのアカウントを30万円くらいで買うと思います。

それが、記事を投稿すると1000くらいの「いいね!」がつくまでに育っていたとしたら、100万円で今すぐ買いたいと思うことでしょう。そのくらい友達が増え、告知力がつくということには価値があるのです。

 

ですから、最初から5000人はムリだと諦めてしまわずに、友達の数を増やすという行動の価値と素晴らしさを頭に入れ、ぜひチャレンジしてみてください。

友達が5000人までいったら、次に友達を解除していきます。

「せっかく5000人になったのに解除!」と思われるかもしれません。

しかしこの解除の作業は、あなたの友達の質を上げていく上で、欠かせないものなのです。

解除の対象は、今後自分がお付き合いしていても、あまりメリットがないだろうなという人。たとえば野球が大好きで野球の投稿ばかりしている人はビジネスには興味がないわけですから、削除していくという発想です。

また外国人であったり、全くログインしていなさそうな人などもどんどん解除していきましょう。

自分から申請しておいて解除するなんて、相手はどう思うのだろうと心配する人もいるでしょうが、そこはドライに。自分のお客さんとして考えられない人には気を使ってもしかたがないということです。