photo by GettyImages

「ノーベル賞級」の社会学者、小室直樹を今こそ知るべき理由

橋爪大三郎の「社会学の窓から」③

知の巨人

ベルリンの壁が崩れソ連が解体したのは、1989年から1991年にかけてのこと。その10年も前に、「ソビエト帝国が崩壊する」と、ずばり預言した人物がいた。小室直樹博士。知るひとぞ知る、本物の学者である。

photo by iStock

博士は2010年9月に、77歳で亡くなった。それからもう8年も経つ。最近の若い人びとは、名前を知らないかもしれない。なんと残念なことだろう。そこで博士の業績と人物を、みっちり紹介することにしたい。

小室直樹博士は1932年生まれ。母子家庭で貧しかったが、少年時代から人並み外れた才能を示す。福島県の会津高校を卒業し、京都大学理学部数学科に進んだ。

そのあと、大阪大学大学院で経済学を専攻し、フルブライト奨学生としてアメリカに留学、ミシガン大学でスーツに計量経済学を、MITでサミュエルソンに理論経済学を、ハーバード大学でパーソンズに社会学を、ホマンズに社会心理学を学ぶなどして帰国。

東京大学大学院では、丸山眞男に政治学を、川島武宜に法社会学を、富永健一に社会学を、中根千枝に社会人類学を、退職していた大塚久雄に経済史学を学ぶなど、学問の境界を越えて社会科学の本質をわが物としようとした。

率直なもの言いのため疎まれることも多く、大学の職に就かないまま研究を続ける。学生の指導には熱心で、大学院で自主ゼミを主催し、多くの後進を無償で教えた。私も小室ゼミで学んだひとりである。

小室博士の経歴をみると、すごすぎる。だが博士は、少しも気取ることなく、学問となると子どものように素直に、目をくりくりさせるのである。

アカデミズムの世界には、「威張り屋」が多い。学識を鼻にかけ、上から目線である。そのくせ度量が狭く、ちょっとでも批判されようものなら逆恨みする。

こんなことでは、学問などできない。そんなのばかり見てきた私は、小室博士の純粋な姿勢に打たれた。身なりに構わず、逆境も気にせず、脇目もふらずに研究課題と格闘する。これこそ学者のあるべき姿ではないか。

 

ソビエト連邦の崩壊を予言

ソ連崩壊の預言は、まぐれ当たりではない。緻密な研究と洞察のたまものだ。

「ソ連は急性アノミー(社会の無規範状態)に陥っている。プロレタリア独裁をしていた共産党の正統性を、フルシチョフがスターリン批判をして、破壊したからだ。人びとは、ローマ教皇が悪魔だと言われたキリスト教徒みたいになった。

ソ連経済のアキレス腱は農業だ。集団化のせいで勤労のエトス(勤労を美徳とする道徳的な慣習)が持てなくなったのだ。また、計画経済のもとでは、市場メカニズムが機能しない。西側に遅れていく。特権的な官僚に、憎しみが集まる。こうなると最後は、共和国が連邦を離脱し独立して、ソ連は崩壊するだろう。」

小室博士は、崩壊の原因や解体のプロセスを、10年も前にピタリと言い当てた。それも、公開の資料だけにもとづいて。社会学のウェーバーやデュルケムの議論を自在に使いこなした、見事な分析である。

『ソビエト帝国の崩壊』(光文社カッパビジネス、1980年)は、ベストセラーとなった。当時、本当にソ連が崩壊するはずはない、トンデモ本のたぐいだ、と思ったひとが大部分だったろう。10年経って、冷戦が終わるころには、この本のことを思い出すひとは少なかった。小室博士のすごさをみんな、わからなかったのだ。